リンクの設定

広告

本文で入力したテキストに対して外部のブログ記事などへのリンクを簡単に設定することができます。ここではリンクの設定方法について解説します。

1.テキストにリンクを設定
2.リンクを別ウィンドウで開く
3.設定済のリンクの修正と削除
4.nofollow属性の設定などより詳細な設定

最初に入力済のテキストに対してリンクを設定する方法です。新しい記事を作成し次のようなテキストを入力してあります。

p14-1

リンクを設定したいテキストを選択して下さい。下記では「東京タワー」の部分を選択してあります。選択が終わりましたらツールバー上の「リンク」ボタンをクリックして下さい。

p14-2

リンク先を設定するための次のようなウィンドウが表示されます。

p14-3

「URL」のテキストボックスにリンク先のURLを入力して下さい。入力が終わったら「決定」ボタンをクリックして下さい。

p14-4

選択していたテキストにリンクが設定されました。

p14-5

-- --

では実際に記事を公開してみます。

p14-6

先ほどリンクを設定した部分をクリックするとリンク先として設定したURLのページへ移動します。

p14-7

p14-8

このようにエディタを通常表示で使用している場合は簡単にリンクを設定することができます。

特に指定しなければリンクをクリックした時に同じウィンドウでリンク先へ移動します。リンクをクリックした時に別のウィンドウを開き、新しいウィンドウでリンク先を表示したい場合にリンク先のURLを指定する画面では「リンクを別ウィンドウで開く」にチェックをして下さい。

p14-9

チェックをしてリンクを設定した場合、設定した後にエディタの表示を「HTML表示」にして確認してみると「target="_blank"」が追加で記述されています。

p14-10

では記事を公開して試してみます。「リンクを別ウィンドウで開く」にチェックをしても見た目は変わりありません。

p14-11

記事の中のリンクを設定した部分をクリックすると、今度は新しいウィンドウが開いて(実際には新しいタブが開いて)リンク先が表示されることが確認できます。

p14-12

選択したテキストに対して設定したリンクはあとから修正したり削除したりすることができます。修正または削除を行う場合は、エディタ上でリンクが設定されているテキストをクリックして下さい。すると次のように「変更」と「削除」のボタンが表示されます。

p14-13

リンクの修正から試してみます。「変更」をクリックして下さい。

p14-14

リンクを最初に設定した時と同じウィンドウが表示されます。リンク先のURLや「リンクを別ウィンドウで開く」かどうかの設定を行うことができます。

p14-15

次にリンクの削除です。「削除」をクリックして下さい。

p14-16

テキストに対して設定してあったリンクが削除されました。

p14-17

削除していいかどうかの確認は行わずに削除されますのでご注意ください。

ツールバーのボタンを使ってリンクを設定した場合にはリンク先のURL新しいウィンドウで開くかどうかの設定しかできませんが、エディタを「HTML表示」に切り替えることで追加の属性などを設定することができます。

実際に試してみます。リンクを設定した後で、エディタを「通常表示」から「HTML」表示へ変更して下さい。

p14-18

現在エディタに入力している本文のHTML文が表示されます。

p14-19

直接新しい属性を入力しました。今回はnofollow属性を追加しています。

p14-20

これで設定は完了です。ツールバーで用意されていない属性を設定したい場合はこのようにいったんHTML表示にしてから手動で修正を行って下さい。なおHTML表示の時に変更した内容は、エディタをこの後で通常表示に戻しても失わえれることはありません。

( Written by Tatsuo Ikura+ )