ファイルを削除する

広告

Dropboxに保管されたファイルを削除する方法について解説します。

1.ファイルを削除する
2.ゴミ箱からファイルを復元する
3.ゴミ箱からファイルを完全に削除する

ブラウザからDropboxへアクセスして下さい。Dropboxに保管されているファイルの一覧が表示されます。(表示されていない場合は画面左側の「ファイル」メニューをクリックして下さい)。

p13-1

削除したいファイルの行をクリックして下さい(ファイル名以外のところをクリックして下さい)。

p13-2

ファイル一覧の上部に次のようなメニューが表示されます。メニューの中から「削除」をクリックして下さい。

p13-3

確認ダイアログが表示されます。削除してよろしければ「削除」をクリックして下さい。

p13-4

ファイルが削除されました。

p13-5

Dropboxでは削除したファイルは一時的な保管場所(ゴミ箱のようなところ)に移動します。無料のサービス利用者の場合は削除したファイルは30日間ゴミ箱の中に残っており、この期間内であれば復元することができます。30日を経過すると完全に削除されます。

先ほども書きましたが削除したファイルはすぐに削除されるのではなくゴミ箱へ移動します。ゴミ箱から完全に削除される前であれば復元することができます。復元を行うにはまず「ファイル」画面で次の場所にあるゴミ箱のアイコンをクリックして下さい。

p13-6

ファイルの一覧の中に削除されたファイル(まだ完全に削除されていないファイル)が合わせて表示されます(同じアイコンをもう一度クリックすると削除されたファイルが非表示になります)。削除されたファイルはファイル名が薄いグレーで表示されており「削除しました」と表示されています。

p13-7

復元したいファイルの行をクリックして下さい(ファイル名以外のところをクリックして下さい)。するとファイル一覧の上部にメニューが表示されますので「復元」メニューをクリックして下さい。

p13-8

確認ダイアログが表示されます。復元してよろしければ「復元」をクリックして下さい。

p13-9

ファイルが復元されました。

p13-10

-- --

ファイルを復元する方法はもう一つあります。画面左側に表示されている「削除したファイル」メニューをクリックして下さい。

p13-11

今までに削除されたファイルの一覧(完全削除されたものを除く)が表示されます。

p13-12

復元したいファイルにマウスを合わせるとその行の右端に「復元」と表示されます。この「復元」をクリックして下さい。

p13-13

確認ダイアログが表示されます。復元してよろしければ「削除の取り消し」をクリックして下さい。

p13-14

ファイルが復元されました。

p13-15

どちらの復元方法を使っても同じ結果になります。

無料の利用者の場合、ゴミ箱に入ったファイルは30日後に完全に削除されます。通常は削除してゴミ箱へ移動したら特に気にされる必要はないのですが、30日後ではなくすぐに完全に削除することもできます。完全に削除を行うにはまず「ファイル」画面で次の場所にあるゴミ箱のアイコンをクリックして下さい。

p13-16

ファイルの一覧の中に削除されたファイル(まだ完全に削除されていないファイル)が合わせて表示されます。

p13-17

完全に削除したファイルの行をクリックして下さい(ファイル名以外のところをクリックして下さい)。するとファイル一覧の上部にメニューが表示されますので「完全に削除」メニューをクリックして下さい。

p13-18

確認ダイアログが表示されます。ファイルを完全に削除してよろしければ「完全に削除」をクリックして下さい。

p13-19

ファイルが完全に削除されました。

p13-20

ファイルを完全に削除してしまうと復元することはできませんのでご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )