2段階認証を使ったDropboxへのログイン手順

広告

Dropboxで2段階認証を有効にした場合にDropboxへログインする手順を解説します。テキストメッセージやモバイルアプリを使う方法と、バックアップコードを使う方法についてそれぞれ解説します。

1.通常時の2段階認証でのログイン方法
2.バックアップコードを使ったログイン方法

2段階認証が無効になっている時と同じようにDropboxへログインするには次のURLへアクセスして下さい。そして画面右上に表示されている「ログイン」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p8-1

ログイン用のダイアログが表示されます。メールアドレスとパスワードを入力し「ログイン」をクリックして下さい。

p8-2

セキュリティコードを入力するためのダイアログが表示されます。テキストメッセージかモバイルアプリを使用してセキュリティコードを取得し入力して下さい。

p8-3

今回はモバイルアプリを利用します。

p8-4

モバイルアプリに表示されている6桁の数字を、数字が切り替わる前に入力して下さい。入力が終わりましたら「送信」をクリックして下さい。

p8-5

Dropboxへのログインが完了しました。

p8-6

このように2段階認証が有効になっている場合には、Dropboxにログインする時にメールアドレスとパスワードで認証を行った後で、セキュリティコードを正しく入力する手順が追加されます。

2段階認証が有効になっている場合にはログインする時にセキュリティコードを取得する必要があります。ただ外出先で普段使用しているスマートフォンが手元にない場合でも、バックアップコードがあればログインすることができます。

バックアップコードとは、2段階認証を有効にした時に表示された次の10個のコードのことです。

p8-7

バックアップコードはあとからでも確認することができます。バックアップコードを確認するにはDropboxにログイン後、画面右上に表示されている名前の箇所をクリックし、表示されたメニュー一覧の中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p8-8

「設定」画面が表示されます。「セキュリティ」タブをクリックしてから「復元コード」と書かれた右側にある「表示」をクリックして下さい。

p8-9

確認ダイアログが表示されますので、Dropboxのログイン用パスワードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

p8-10

現在有効なバックアップコードが表示されます。バックアップコードはそれぞれ1回だけ使用することができます。何個が使用した場合や、バックアップコードが外部に漏れてしまったと思われたときは「新しいコードを生成」をクリックして下さい。新しいバックアップコードが作成され、それまで表示されていたコードは全て無効となります。

p8-11

-- --

それではバックアップコードを使ってログインを行ってみます。通常の場合と同じくまずはメールアドレスとパスワードを入力し、セキュリティコードを入力するところまで進めて下さい。

p8-12

通常はテキストメッセージかモバイルアプリを使ってセキュリティコードを取得し入力するのですが、そのどちらも使用できない場合は「認証アプリを使用できません」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p8-13

次のような画面が表示されますので、バックアップコード10個の中でまだ一度も使用していないコードを1つ入力して下さい。入力が終わりましたら「コードを送信」をクリックして下さい。

p8-14

Dropboxへのログインが完了しました。

p8-15

このようにバックアップコードがあればセキュリティキーを取得するスマートフォンを万が一紛失した場合などでもDropboxにログインすることができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )