既読のフィード記事を未読に戻す方法

広告

フィード記事は一度開いて内容を確認すると既読になりますが、既読にせずに未読のまま開いた記事を閉じる方法について解説します。また合わせて一度既読になったフィード記事を未読に戻す方法もご紹介します。

1.開いた記事を未読のまま閉じる
2.一度既読になった記事を未読に戻す

フィード記事一覧からフィード記事を開いて内容を確認すると、その記事は既読となります。実際に試してみます。まずはフィード記事一覧を表示して下さい。(フィード記事の一覧を表示する方法は「フィード記事一覧を表示する」を参照して下さい)。

p5-1

フィード記事を開き、その後で右上に表示されている「×」マークをクリックして閉じてみます。

p5-2

一度内容を確認したフィード記事は既読となります。他の未読のフィード記事と比べて既読の記事は記事タイトルの色が若干薄いことが分かりますでしょうか。

p5-3

このように通常は一度開いたフィード記事は既読となるのですが、開いたけれど既読にせずに未読のままにしておきたい場合があります。もし開いたフィード記事を未読のままにしておきたい場合は、記事を開いてから閉じる時に「×」マークではなく記事タイトルの上に表示されている「keep unread」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p5-4

小さくて見にくいかと思いますので拡大したものも掲載しておきます。

p5-5

「keep unread」と書かれたリンクをクリックするとフィード記事が閉じて記事一覧が表示されますが、先ほど一度開いた記事が未読のままになっていることが分かります。

p5-6

このように内容を確認したフィード記事であっても未読のままにしておくことができます。

先ほどフィード記事を開いた後でも未読のままにしておく方法について解説しましたが、一度既読になったものであっても同じように未読にできるのかどうかを確認してみます。

既読になっているフィード記事を改めて開き、その後で「keep unread」と書かれたリンクをクリックして閉じてみます。

p5-7

するとフィード記事一覧で既読として表示されていた記事が未読になっていることが確認できます。(タイトルの文字の色が未読の場合の色に戻っています)。

p5-8

このように一度既読になったフィード記事であっても「keep unread」を使うことで未読の状態に戻すことができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )