配信先のメールアドレスを追加

広告

Googleアラートで指定できる配信先はログインしているGoogleアカウントに設定されているメールアドレスです。多くの場合はGmailのメールアドレスになっていますが、Googleアカウントの予備のメールアドレスを設定することでGoogleアラートの配信先としても利用できるようになります。ここではGoogleアラートの配信先メールアドレスを追加する方法について解説します。

1.Googleアカウントに予備のメールアドレスを追加する
2.配信先として予備のメールアドレスを選択する

Googleアラートを新しく作成する時、配信先としてはGoogleアカウントのログイン用メールアドレスかフィードかを選択することができます。

p6-1

配信先として選択可能なメールアドレスはGoogleアカウントに設定されたメールアドレスとなっているため、Googleアカウントに予備のメールアドレスを追加すれば、追加したメールアドレスもGoogleアカウントで配信先として選択できるようになります。(Gmailの予備のメールアドレスではなく、Googleアカウントにログイン可能なGoogleアカウントの予備のメールアドレスです)。

それではGoogleアカウントに予備のメールアドレスを追加してみます。下記のURLへアクセスして下さい。

p6-2

「個人情報とプライバシー設定」の中の「個人情報」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p6-3

「メール」の箇所をクリックして下さい。

p6-4

「その他のメールアドレス」の右にある「編集」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p6-5

「アカウント情報の管理」の画面が表示されます。「新しい予備のメール アドレスを追加してください」と書かれた右側にあるテキストボックスに予備のメールアドレスとして設定するメールアドレスを入力して下さい。入力が終わりましたら「保存」ボタンをクリックして下さい。

p6-6

追加したメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。

p6-7

届いたメールに記載されているURLへアクセスするとメールアドレスの確認作業が終了します。

p6-8

以上でGoogleアカウントへ予備のメールアドレスを設定することができました。

それでは先ほど追加したメールアドレスが配信先として選択可能かどうか確認してみます。新しいGoogleアラートを作成する画面で、配信先として表示されているメールアドレスの部分をクリックして下さい。

p6-9

先ほど予備のメールアドレスとして追加したメールアドレスも配信先の選択肢として表示されました。

p6-10

このようにGoogleアカウントに予備のメールアドレスを設定することで、そのメールアドレスを配信先として選択することができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )