使用する言語を変更する

広告

Googleマップでは地図上に表示される道路や場所の名称などの言語を自動的に判断して設定してくれます。日本で利用している場合は日本語で表示されるように言語が自動的に設定されますが、明示的に他の国の言語を設定することもできます。ここではGoogleマップで使用する言語を変更する方法について解説します。

1.地図で表示される言語(選択した言語と現地の言語)
2.言語の設定

使用する言語の設定を行っていない場合、日本で利用している場合は自動的に日本語に設定されます。地図上の情報がどのように表示されるのかについては公式ヘルプによると「地図ラベルはその国の現地語で表示されますが、場所の情報は選択した言語で表示されます。」ということです。道路の名称など場所の情報は選択した言語で表示されますが、ビルなどに表示されているビル名など地図ラベルは選択されている言語によらず現地の言語で表示されるようです。

ではいくつかの場所を見てみます。まず最初は東京です。現在使用する言語は日本語で現地(東京)も日本なのですべて日本語で表示されています。

p4-1

次にニューヨークの地図を表示してみます。道路などの名称は選択した言語である日本語で表示されていますが、ビル名などは現地の言語(ニューヨークなので英語)で表示されています。(一部施設名は日本語でも表示されています)。

p4-2

次にパリの地図を表示してみます。こちらもニューヨークの場合と同じく道路などの名称は選択した言語である日本語で表示されていますが、ビル名などは現地の言語(パリなのでフランス語)で表示されています。(一部施設名は日本語でも表示されています)。

p4-3

このように使用する言語が同じであっても、地図が表示されている地域によって表示のされ方は異なります。日本で利用していて日本の地図を表示している場合はあまり使用言語を意識する必要はないのですが、例えば海外の地図を表示している時に道路の名称を現地の言語で見たい場合などは言語を変更する必要があります。

それでは使用する言語を設定してみます。画面左上の≡アイコンをクリックして下さい。

p4-4

表示されたメニューの中から「言語」メニューをクリックして下さい。

p4-5

言語の選択画面が表示されます。設定したい言語を選択して下さい。今回は「English(United States)」を選択しました。

p4-6

使用する言語が「English(United States)」に変更となり、表示されている地図の表示も英語ベースになりました。

p4-7

先ほどと同じ部分を見てみると現在「使用する言語」が英語で「現地の言語」が日本語ですので道路などの名称は英語でビルの名称などは日本語のままです。(一部施設は英語と日本語の両方が表示されています)。

p4-8

言語はそのままでニューヨークの地図を改めて表示してみます。使用する言語も現地の言語も共に英語ですので、地図に表示される名称は全て英語で表示されています。

p4-9

なお使用する言語を変更するとメニューの文字やボタンにマウスを合わせた時に表示されるメッセージも全て使用する言語に設定した言語となります。今回は英語に設定したのでメニューも英語で表示されます。

p4-10

-- --

Googleマップで使用する言語を変更する方法について解説しました。必要に応じて変更して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )