記事を下書きとして保存

広告

はてなブログでは記事を作成した後にすぐに公開するのではなく、取りあえず下書として保存しておくことができます。下書きは後から編集したり公開することができます。ここでは下書きの作成方法や下書として保存した記事の管理方法について解説します。

1.記事を下書として保存
2.下書きの記事の管理画面を表示
3.下書きとして保存した記事を公開する

記事を作成したあとですぐに公開するのではなく下書きとして保存することができます。それでは実際に試してみます。「記事の作成と公開」を参考に新規記事の作成画面を表示して下さい。

p7-1

記事を作成したら「公開」ボタンではなく「下書き保存する」ボタンをクリックして下さい。

p7-2

記事が下書きとして保存され、記事の管理画面(「公開」タブではなく「下書き」タブ)が表示されます。

p7-3

下書として保存された記事は残っていますが、ブログには公開されません。実際にブログを表示してみても先ほど下書として保存した記事は表示されていません。

p7-4

先ほど記事を下書として保存した時に、自動的に記事の管理画面が表示されましたが、他の作業をした後で同じ画面を表示させる手順を確認しておきます。まずダッシュボードから対象のブログ名をクリックしてブログの管理画面を表示して下さい。

p7-5

画面左側に表示されているメニューの中から「記事の管理」メニューをクリックして下さい。

p7-6

記事の管理画面が表示されます。デフォルトでは「公開」タブが表示されているので、画面上では公開済みの記事一覧が表示されています。

p7-7

下書として保存した記事の一覧を表示するには、画面上部の「下書き」タブをクリックして下さい。

p7-8

下書きの記事の管理画面が表示されます。この画面では下書きとして保存されている記事の一覧が表示されます。

p7-9

下書きとして保存した記事を編集したり削除する場合はこの画面から行います。

下書きとして保存した記事を編集したり削除したりする手順は公開した記事に対するものと同じです。詳しくは「記事の編集と削除」を参照されてみて下さい。ただ一度公開された記事は「下書き保存する」ボタンが表示されませんが、下書きとして保存した記事は編集した後に改めて「下書き保存する」ことができます。

p7-10

p7-11

下書きとして保存していた記事を公開する場合は、記事の管理画面から「編集」と書かれたリンクをクリックして編集画面にした後で「公開する」ボタンをクリックして下さい。

p7-12

記事が公開されます。

p7-13

記事が公開されると、記事の管理画面の「公開」タブの方に表示されます。また「投稿時間」は記事を公開した日時となります。

p7-14

ブログを表示してみると先ほど下書きから公開に変更した記事がブログに表示されており、投稿された時間は記事を下書き保存した時間ではなく公開した時間となっていることが確認できます。

p7-15

はてなブログにおける下書きの利用方法について解説しました。書きかけの記事を残してはおきたいけれど公開はしたくない場合などに下書きを活用されてみて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )