2段階認証が有効になっている時のログイン手順

広告

Microsoftアカウントで2段階認証を有効にした場合、メールアドレスとパスワードによる認証に加えて認証アプリを使ったコードを入力する必要があります。ここでは2段階認証が有効になっている場合にログインを行う手順にについて解説します。

1.2段階認証を使ったログイン
2.信頼済みデバイスの削除

通常の場合と同じくMicrosoftアカウントにログインするには次のURLへアクセスして下さい。

p10-1

画面右側に表示されているテキストボックスに、Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して下さい。入力が終わりましたら「サインイン」と書かれたリンクをクリックして下さい。ここまでは通常のログイン手順と同じです。

p10-2

次のような2段階認証で使用するコードを入力する画面が表示されます。

p10-3

事前にインストールした認証用アプリを起動して下さい。すると画面にコードが表示されます。

p10-4

一定の時間ごとに新しいコードに変わっていきますので、コードが変わる前に表示されているコードをMicrosoftアカウントのログイン画面に入力して下さい。(コードが新しい数字に変わった場合は、次に変わるまでに現在表示されているコードを入力して下さい)。入力が終わりましたら「送信」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p10-5

※ 「このデバイスでは頻繁にサインインするので、コードの入力は不要にする」にチェックを入れた状態でログインすると、次回からこのデバイスでログインする時には認証コードの入力が不要となりメールアドレスとパスワードだけでログインが可能となります。自宅のPCなど安全なデバイスでのみ使用して下さい。

Microsoftへのログインが完了します。

p10-6

以上のように2段階認証が有効になっている場合は、通常のメールアドレスとパスワードを使った認証に加えて認証アプリを使ったコード入力による認証が必要となります。

ログインする過程で認証アプリを使って取得したコードを入力する画面が表示されますが、その時に「このデバイスでは頻繁にサインインするので、コードの入力は不要にする」というチェックボックスが表示されます。

p10-7

チェックボックスにチェックをした状態でコードを入力しログインを行うと、現在ログインを行っているデバイス(ご自宅のPCや会社のPCなどログインを行っている機器のことです)が信頼済みデバイスとして登録されます。信頼済みデバイスとして登録されたデバイスからログインする場合、コードの入力が不要となりメールアドレスとパスワードだけでログインが可能となります。

2段階認証は有効にしたいけれど、自宅のPCなど他の人が使用する可能性が極めて少ないPCからログインする場合はコードの入力を省略したい場合には便利な機能です。逆に誰でも利用なPCでログインする時にチェックボックスにチェックした状態でログインしてしまうと、そのPCからログインする時はコードの入力が省略されてしまうのでご注意下さい。

もし信頼すべきではないデバイスを誤って信頼済みデバイスとして登録してしまった場合は、Microsoftアカウントの管理画面から削除することができます。どのデバイスからでも構いませんので該当のMicrosoftアカウントでログインして下さい。

p10-8

アカウントの保護に関する設定画面の表示」を参照して「アカウントの保護」画面を表示して下さい。

p10-9

「信頼済みデバイス」のブロックを見て下さい。信頼済みとして登録されているデバイスがある場合は「アカウントに関連付けられている信頼済みデバイスをすべて削除する」というリンクが表示されていますのでクリックして下さい。

p10-10

次のように画面に表示されますので「信頼済みデバイスをすべて削除」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p10-11

現在ログインしているMicrosoftアカウントに関係する信頼済みデバイスは全て削除されました。これでどのデバイスからでも次回ログイン時には2段階認証を使ったログインが必要となります。

p10-12

なお特定のデバイスだけを削除するといったことはできません。信頼済みデバイスを削除する場合は全てのデバイスをまとめて削除する必要があります。

( Written by Tatsuo Ikura+ )