認証アプリの利用(Android)

広告

Microsoftアカウントではパスワードの変更などの重要な変更を行う際にメールアドレスや携帯電話を使って確認コードを送信し本人確認を行います。この確認コードを取得する方法として認証アプリを利用する方法について解説します。AndroidとiPhoneで使用するアプリが異なるためこのページではAndroidの場合について解説します。iPhoneに関しては「認証アプリの利用(iPhone)」をご参照下さい。

1.認証アプリのセットアップ
2.認証アプリを使った本人認証

認証アプリをセットアップするにはMicrosoftアカウントにログインした後で「アカウントの保護に関する設定画面の表示」を参照して「アカウントの保護」画面を表示して下さい。

p13-1

「認証アプリ」のブロックにある「セットアップ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p13-2

認証アプリの設定画面が表示されます。アプリをインストールするデバイスを選択して下さい。ここでは「Android」を選択しました。選択が終わりましたら「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p13-3

次の画面が表示されたらこのままにしておいて下さい。先にAndroidへアプリのインストールを行います。

p13-4

-- --

Androidで「Google Play ストア」を起動し、「Microsoftアカウント」で検索すると「Microsoftアカウント」アプリが見つかると思います。見つかりましたらタップして下さい。

p13-5

「インストール」をタップして下さい。

p13-6

アプリをインストールした場合にアプリに対するアクセス権の説明が表示されます。了承できる場合は「同意する」をタップして下さい。インストールが開始されます。

p13-7

インストールが完了しましたら「開く」をタップしてアプリを起動して下さい。

p13-8

セットアップを行います。「セットアップ」をタップして下さい。

p13-9

使用するMicrosoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をタップして下さい。

p13-10

続いてセキュリティコードを使った本人確認を行います。画面上では電話番号を使った方式が表示されていますが、使用されているMicrosoftアカウントで設定してある方法によっては異なる画面が表示されるかもしれません。

p13-11

電話番号を使用する場合は、登録されている電話番号の下4桁を入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をタップして下さい。

p13-12

電話番号宛てにテキストメッセージが送信されてきます。メッセージに書かれているセキュリティコードを入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をタップして下さい。

p13-13

以上でアプリのインストールとセットアップは完了です。

p13-14

-- --

PCの画面に戻り、「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p13-15

「アカウントの保護」の画面に戻ります。「認証アプリ」のブロックを見て頂くと「Microsoftアカウントアプリが設定されました」と表示されています。以上で準備は完了です。

p13-16

それではセキュリティコードが必要な場面で認証アプリを使ってコードを取得する方法について実際に試してみます。パスワードの変更で試してみます。

p13-17

パスワードの変更を行う場合はパスワードの変更画面を表示する前に電話番号かメールアドレスを使って確認コードを取得し、それを入力することで確認を行っていました。認証アプリを設定している場合は、確認コードを入力する画面の替わりに次のような画面が代わりに表示されます。

p13-18

認証アプリを設定したスマホにて「Microsoftアカウント」アプリを起動して下さい。すると次のように許可するかどうかの画面が表示されますので「許可」と書かれた個所をタップして下さい。

p13-19

次のように「許可しました」と表示されれば確認は完了です。

p13-20

PCの画面に戻ると自動的にパスワード変更の画面へ移動しています。

p13-21

このように認証アプリの中で「Microsoftアカウント」アプリを使用する場合、確認コードを読み取って入力する必要はなく、単に「許可」と書かれた個所をタップするだけで確認を行えます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )