本人認証用の電話番号やメールアドレスの追加/変更

広告

Microsoftアカウントではパスワードの変更など重要な変更を行う時に事前に登録されている電話番号やメールアドレスを使って認証を行います。この時使用される電話番号やメールアドレスを追加したり変更する方法について解説します。

1.アカウントの保護に関する設定画面の表示
2.メールアドレス/電話番号を新しく追加
3.登録済のメールアドレス/電話番号の削除

まずアカウントの保護に関する設定画面を表示します。Microsoftアカウントにログインして下さい。(ログイン方法については「Microsoftアカウントへのログインとログアウト」を参照されて下さい)。

p7-1

「セキュリティとプライバシー」のブロックにある「高度なセキュリティの管理」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-2

セキュリティコードを使った確認が必要となります。Microsoftアカウントに登録してある電話番号又はメールアドレスを使用して確認コードを取得して下さい。今回は電話番号を使ってテキストメッセージで確認コードを取得するため「xxx-xxx-xxxにSMSを送信」を選択し、登録済の電話番号の下四桁を入力しました。入力が終わったら「コードの送信」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-3

電話番号宛てに確認コードがテキストメッセージで送られてきましたら、画面上のテキストボックスにコードを入力して下さい。入力が終わりましたら「送信」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-4

次のような画面が表示される場合がありますが、今回は関係ありませんので「後で設定する」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-5

アカウントの保護に関する設定画面が表示されます。

p7-6

本人確認のための電話番号やメールアドレスを追加する場合には「セキュリティ情報によるアカウントの安全性確保」のブロックを見て下さい。

p7-7

現在登録されている電話番号とメールアドレスが表示されています。「新しいメール アドレスを追加」又は「新しい電話番号を追加」をクリックすることで新しいメールアドレスと電話番号を追加することができます。今回は「新しいメール アドレスを追加」と書かれたリンクをクリックしてみます。

p7-8

メールアドレスの追加画面が表示されます。追加するメールアドレスをテキストボックスに入力し、その後で「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-9

メールアドレスの確認のため、先ほど入力したメールアドレスへメールが送信されます。届いたメールに記載されているセキュリティコードを画面のテキストボックスに入力して下さい。その後で「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-10

メールアドレスの追加が完了し、アカウントの保護に関する設定画面に戻ります。「セキュリティ情報によるアカウントの安全性確保」のブロックを見ると新しいメールアドレスが追加されていることが確認できます。

p7-11

なお「新しい電話番号を追加」と書かれたリンクをクリックすると、次のような電話番号を追加する画面が表示されます。今回は実際には試しませんが、電話番号を入力し音声かテキストメッセージでセキュリティコードを受け取って確認を行うと新しい電話番号を追加することができます。

p7-12

メールアドレスや電話番号を追加すると、パスワードの変更などセキュリティコードを使った本人確認が必要となった場合に、どこにセキュリティコードを送信するのかという選択肢の一つとして利用することができます。

登録されているメールアドレスや電話番号を削除するには、削除したいメールアドレス又は電話番号の右の方に表示されている「削除」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-13

削除していいかどうかの確認画面が表示されます。削除してよろしければ「削除」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p7-14

メールアドレス又は電話番号の削除が完了します。

p7-15

一度削除すると元に戻すことはできませんが、改めて追加することはできます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )