2段階認証を有効にする

広告

Microsoftアカウントにログインする時はアカウント名とパスワードを使って認証を行いますが、よりセキュリティを高めるための手段として2段階認証が用意されています。が、2段階認証を有効にすることでセキュリティコードを使った追加の認証を行わせることができます。ここでは2段階認証を有効にする方法、及び2段階認証が有効になっている状態でどのようにログインするのかについて解説します。

1.2段階認証の有効化
2.認証アプリのインストール

2段階認証を有効にするにはMicrosoftアカウントにログインした後で「アカウントの保護に関する設定画面の表示」を参照して「アカウントの保護」画面を表示して下さい。

p9-1

2段階認証を有効にするには「2 段階認証」のブロックにある「2 段階認証のセットアップ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p9-2

2段階認証を有効にするために行う手順について記載されています。

p9-3

読み終わりましたら「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。認証用アプリのインストールを行います。

2段階認証では追加のセキュリティコードをスマホのアプリで取得します。そこでアプリをインストールするデバイスを選択して下さい(今回はiPhoneで試します)。選択が終わりましたら「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p9-4

認証アプリのインストールとセットアップを行います。使用する認証アプリはGoogleが提供している認証アプリです。

p9-5

既にGoogleの認証アプリをインストール済の場合は新しくインストールする必要はありません。初めてインストールする場合にはApp Storeで「認証アプリ」と検索して下さい。次のようなアプリが表示されるはずなので、インストールを行って下さい。

p9-6

インストールが完了したらアプリを開いて下さい。(下記は既にインストール済で他の用途で使用中の画面です)。画面上部の「+」と書かれた個所をタップして下さい。

p9-7

画面下部に表示される「バーコードをスキャン」と書かれたリンクをタップして下さい。

p9-8

スマホでバーコードを読み取るためのカメラが表示されますので、スマホをPCの画面に向けて画面に表示されているバーコードのスキャンして下さい。

p9-9

アプリのセットアップが完了します。

p9-10

認証アプリでは、一定時間ごとに新しい数字が画面に表示されます。次の数字が表示される前に、現在表示されている数字をPCの画面のテキストボックスに入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。これで認証アプリのインストールは完了です。

p9-11

続いてアプリパスワードに関する画面が表示されますが、アプリパスワードは後からでも設定可能なので今回は「次へ」をクリックして下さい。

p9-12

次の画面でもアプリパスワードに関する補足説明が表示されますがとりあえず飛ばします。「完了」と書かれたリンクをクリックすれば2段階認証の有効化は完了です。

p9-13

2段階認証を有効にした場合、次にMicrosoftアカウントにログインする時から先ほど設定を行った認証アプリがないとログインできなくなりますのでご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )