署名の設定

広告

メールを作成する時にメールの最後に会社名や名前といった署名を毎回自動的に入れることができます。ここでは署名の設定方法について解説します。

1.署名の定義
2.署名入りメールの作成

署名を定義するには、Outlook.comの画面右上に表示されている歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「オプション」をクリックして下さい。

p15-1

オプション画面が表示されます。「メールの作成」ブロックにある「書式、フォント、署名」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p15-2

「書式、フォント、署名」画面が表示されます。「署名」のブロックに表示されているテキストエリアに署名として使用されるテキストを入力します。

p15-3

作成する署名はHTML形式とテキスト形式のいずれかを選択できます。HTML形式の場合は署名として入力するテキストに書式を設定できます。下記のところをクリックして形式を選択して下さい。

p15-4

入力が終わりましたら「保存」ボタンをクリックして下さい。これで署名の定義は完了です。

p15-5

署名を定義した場合、新しいメールを作成すると自動的に本文のところに署名が挿入されます。では実際に試してみます。画面上部の「新規作成」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p15-6

新規メール作成画面が表示されます。本文を入力するところを見て頂くと署名が自動的に挿入されています。

p15-7

挿入された署名は編集も可能ですので不要な場合は削除したりメール毎に修正を加えたりといったことができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )