公開サーバにアップロードされているJavaScriptファイルやCSSファイルを利用

広告

SyntaxHighlighterの提供元が公開サーバにアップロードしているJavaScriptファイルやCSSファイルを読み込んで利用する方法について解説します。無料のブログサービスなどを利用している方で自分のサーバに必要なファイルをアップロードできない場合に使ってみて下さい。

バージョン毎に必要なファイルがアップロードされています。以下はその例です。最新のものを利用したい場合は「current」を使って下さい。

http://alexgorbatchev.com/pub/sh/2.1.364/
http://alexgorbatchev.com/pub/sh/2.1.364/
http://alexgorbatchev.com/pub/sh/2.1.382/
http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/

例えば「current」に入っているJavaScriptファイルやCSSファイルは次のように指定します。JavaScriptファイルは「scripts」ディレクトリ、CSSファイルは「styles」ディレクトリの中に入っています。

http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shCore.js
http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shCoreDefault.css

これらのファイルをHTMLページから読み込む場合は次のように記述します。

<head>
<script src="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shCore.js"></script>
<script src="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushPhp.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shCoreDefault.css" type="text/css" />
<script type="text/javascript">
  SyntaxHighlighter.all();
</script>
</head>

このようにアップロードされているファイルを利用することで、ファイルをサーバにアップロードできない環境であってもSyntaxHighlighterを利用することができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )