Twitterの認証済アカウントになるには

広告

Twitterには一般のアカウントとは別に認証済アカウントと呼ばれるアカウントがあります。認証済アカウントにはプロフィールのところにブルーの認証バッチが表示されており簡単に見分けることができます。

p21-1

認証済アカウントの目的についてはTwitterのヘルプにて次のように記載されています。

Twitter上で本人であることを保証するために行われています。認証バッジにより、ユーザーは信頼のおける情報源を識別することができ、そのアカウントからのツイートを正当なソースによるものであると信用することができます。

引用元:認証済みアカウントに関するFAQ

Twitterのアカウントは自由に作成でき表示される名前も自由に設定できるため、公的機関や著名人に成りすましてアカウントが作成できてしまいます。著名人がツイートしたものが本人がツイートしたものなのか偽物がツイートしたものなのかツイートだけをみて判断することは難しいのですが、アカウントがTwitterによって認証されていればそのアカウントは本物であることが簡単に判別できます。

認証済アカウントの例としては下記の公的な機関のアカウントなどがあります。

p21-2

また芸能人や著名人なども認証済アカウントになっていることがあります。

p21-3

ただし認証バッチが表示されていなければ偽のアカウントというわけではありません。バッチが表示されていれば認証済というだけで、バッジが表示されていないアカウントでも著名人本人が利用しているアカウントは数多くあります。

p21-4

では自分も認証済アカウントになりたい場合はどうすればいいかというと、現時点では自分から申請することはできないようです。

アカウントを見つけやすいようTwitterは積極的かつ継続的にアカウント認証を行っています。音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、広告、ビジネス、その他の注目分野など、多くの人に検索されるユーザーに焦点を絞っています。ビジネスパートナーや、なりすましの対象となるリスクが高い個人などを認証することもあります。
一般の方からの認証のリクエストは、受け付けていません。上記カテゴリーに当てはまり、Twitterアカウントが認証の必要条件を満たしている場合、Twitterからご連絡することがあります。
一般の方からのアカウント認証のリクエストはお受けしていませんが、今後もTwitterを有効的にご活用し続けていただければ、将来的に認証を受ける可能性があります。フォロワー数は、そのアカウントが認証のための条件を満たしているかの判断基準にはなりません。

引用元:認証済みアカウントに関するFAQ

現時点ではTwitter側で必要と判断したアカウントに対して連絡を取って認証作業をされているようです。認証バッジを付ける以外に他のユーザーさんに自分のTwitterアカウントが正式なものであることを証明する他の方法として、ご自身の公式ブログやWebサイトなどからTwitterのアカウントへのリンクを設定されるなどの方法が紹介されています。

( Written by Tatsuo Ikura+ )