背景画面のカスタマイズ

広告

自分のアカウントにログインした時にホーム画面に表示される背景や、他の人が自分のプロフィールを見たときに表示される背景について好きな画像を使ってカスタマイズすることができます。ここでは背景画面をカスタマイズする方法について解説します。

1.テンプレートから選択
2.テンプレートをベースにカスタマイズする
3.背景画像を変更する
4.背景をカスタマイズする場合の注意事項

Twitterにログインすると次のような画面が表示されます。画面の背景は初期設定では雲のような画像が設定されています。そしてツイートなどが表示される部分は半透明の白い背景が重なって表示されています。

p28-1

背景画像をカスタマイズするにはホーム画面の右上に表示されている歯車マークをクリックして頂き、表示されたドロップダウンメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p28-2

「設定」画面が表示されますので画面左側のメニュー一覧の中から「デザイン」メニューをクリックして下さい。「デザイン」画面が表示されます。

p28-3

背景に設定できる画像はあらかじめ用意されているものから選択することもできますし自分で用意した画像をアップロードして設定することもできます。ここではまず用意されたテンプレートから選択してみます。(ここでテンプレートと書かれているのは、背景は背景画像の他にタイルとして表示するのかどうかや、背景画像のさらに背景に設定する色などの組み合わせが全て定義されているためです)。

デフォルトで設定されているのは左上に表示されているものです。例として下記のテンプレートをクリックしてみます。

p28-4

すると画面の背景がクリックしたテンプレートに従って変更されます。

p28-5

もう1つ別のテンプレートをクリックしてみると、今度は次のように背景が変更されました。

p28-6

このようにあらかじめ用意されたテンプレートを使用する場合は、簡単に背景を変更することができます。

なお、テンプレートをクリックしてもプレビューとして表示されているだけで変更はまだ反映されていません。背景を変更する場合は画面下部に表示されている「変更を保存」ボタンをクリックして下さい。

p28-7

変更が保存されます。これで他の画面を表示した時にも先ほど設定した背景に関する設定が適用されます。

p28-8

先ほども少し書きましたが背景のデザインは背景画像の他にも色々な要素によって決まります。あらかじめ用意されたテンプレートを選択した場合、そのテンプレートの中で定義されている背景画像や背景色が設定されます。

例としてデフォルトで設定されているテンプレートを選択した場合で見てみます。

p28-9

下の方へスクロールして頂くと次のような表示がされています。

p28-10

ここで表示されている項目を使って背景をどのように表示するのかが決まります。1つ1つのテンプレートにはこの各項目の値が保存されており、いずれかのテンプレートをクリックするとテンプレートに合わせて各項目が設定されます。

p28-11

テンプレートそのものを変更することはできませんが、テンプレートを選択後に設定された各項目の中で必要な項目だけを変更することはできます。それでは実際に変更を行いながどの項目を変更するとどのようになるのかについて確認してみます。

----

まず最初に「背景画像」ですが、デフォルトで設定されているテンプレートでは次のように2247px×190pxという非常に横長の画像が設定されているようです。

p28-12

そして「背景をタイルする」にチェックが入っていませんので、繰り返し表示されるのではなく先ほどの画像が1つだけ表示されています。そして画像は「背景色」で指定された背景の上に表示されます。つまり「背景色」の色で全体が塗りつぶされた上に「背景画像」が設置されている状態です。

背景画像をどう設置するのかは「背景画像の位置」で指定します。「左」を選択した場合は左上に合わせて画像が設置され、「右」の場合は右上に合わせて設置されます。「中央」の場合は画面中央(縦方向は上に合わせて)に設置されます。今回は画像は非常に横長なので、どの位置を選択しても端から端まで画像が表示されていますが、横幅が小さい画像の場合は表示される位置がこの設定で変わります。

では「背景色」を変更してみます。現在は「背景画像」の下の方の色と同じ色が「背景色」に設定されているので、どこからどこまでが画像なのか分からないのですが「背景色」を変更するとはっきりします。変更するには直接色コードを変更するか色が表示されている個所をクリックして下さい。

p28-13

すると色を選択するためのサブ画面が表示されますので「背景色」に設定したい色を選択し「完了」ボタンをクリックして下さい。

p28-14

「背景色」が設定され、そしてすぐに実際の背景にも反映されます。どこまでが「背景画像」なのかがよく分かるかと思います。

p28-15

----

ではこの状態で「背景をタイルする」にチェックを入れてみます。「背景をタイルする」にチェックが入っていない場合は「背景画像」は一度だけ表示されますがチェックが入っている場合は縦方向及び横方向にタイルを並べるように画像が繰り返し表示されます。

p28-16

チェックを入れると背景は次のように「背景画像」が繰り返し表示されます。(今回の画像は横方向が十分な幅があるので、繰り返しは縦方向だけです)。

p28-17

また「背景をタイルする」にチェックが入っていない場合は画面をスクロールしても背景は固定されたままなのですがチェックを入れると画面のスクロールに合わせて背景もスクロールされるようになります。

----

次に「重ねて表示」の色についてです。Twitterの画面では背景画像や背景色などによって表示された背景の上に、ツイートなどが表示される部分に黒または白の背景が半透明で表示されるようになっています。この設定を変更するのが「重ねて表示」の項目です。

p28-18

どの部分のことか分かりにくいと思いますので実際に値を変更してみます。

「重ねて表示」の設定が白:

p28-19

「重ねて表示」の設定が黒:

p28-20

どの部分が変化するのか分かりましたでしょうか。

----

最後に「リンクの色」についてです。リンクの色はTwitterの画面でリンクが設定されているテキストを何色で表示するのかの設定項目です。現在は濃いめの青色が設定されていますのでリンクが設定されているテキストは濃い青色になっています。

p28-21

それでは「リンクの色」を変更してみます。「背景色」の場合と同じく直接色コードを変更するか色が表示されている個所をクリックして下さい。今回は直接色コードを入力しました。

p28-22

するとリンクが設定されているテキストの色が先ほど「リンクの色」で指定した色に変わります。

p28-23

----

背景で使用される各項目について簡単にご紹介しました。いずれかのテンプレートを選択し、その後で変更したい箇所があった場合には個別に修正を行って下さい。そして「変更を保存」ボタンをクリックすれば変更内容が保存されて画面に反映されます。

p28-24

p28-25

なおテンプレートを元に変更を行い保存していますが、テンプレートそのものは変更されていません。その為、「デザイン」の画面で同じテンプレートをクリックされるとテンプレートに設定されている本来の設定に戻ります。(「変更を保存」ボタンを押されなければ反映はされません)。

p28-26

p28-27

最後に背景画像を独自のものに変更する手順について確認します。使用できる画像は次のような制限があります。

背景画像は、PNG、GIF、またはJPGフォーマットで、2MB未満である必要があります。画像ファイルサイズが大きすぎる場合、画像編集プログラムまたはウェブアプリで画像を縮小する必要があります。アニメーションGIFは、背景画像としてサポートされません。

参照元:Twitterヘルプセンター | プロフィールのデザインを設定する方法

今回画像として次のような200px×200pxの画像を用意しました。

p28-28

それでは「デザイン」画面にて「背景を変更」ボタンをクリックして下さい。

p28-29

まず「削除」をクリックして下さい。(※この部分は不要かもしれませんが、試した時点ではこれを先にしておかないとうまく反映されませんでした)。

p28-30

次に「フォルダから画像を選択」をクリックして下さい。すると画像を選択するファイルダイアログが表示されますので、設定したい画像を選択して下さい。

p28-31

選択が終わるとファイル名が表示されます。

p28-32

この時点で反映されてもいいはずなのですが反映されなかったので一度「変更を保存」ボタンをクリックしました。すると選択した画像が背景に設定されました。

p28-33

今回は「背景をタイルにする」にチェックを入れました。あと「重ねて表示」を「黒」にしました。これで完成です。

p28-34

「変更を保存」ボタンをクリックすれば変更が保存されて画面に反映されます。

p28-35

背景はホーム画面だけではなくプロフィール画面の背景も同じように変更されます。

p28-36

このプロフィール画面は他の人も閲覧することができます。その為、自分が設定した背景画面は他の人からも閲覧されることになります。下記は自分をフォローしている人から自分のプロフィールを見た場合です。まったく同じように表示されています。

p28-37

このように背景に設定した画像は他の人から閲覧が可能ですので、他の人に見られたくないような画像は絶対に設定されないようにご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )