Twitterアカウントの削除

広告

Twitterアカウントを利用しなくなった場合にアカウントを削除する方法について解説します。またアカウントは削除後30日以内であれば復元することができます。ここでは復元する方法についても合わせて解説します。

1.アカウントの削除手順
2.アカウントの復元

利用していたTwitterアカウントを削除するには、まずTwitterにログインして下さい。

p4-1

画面右上のプロフィール写真が表示されているところをクリックして下さい。

p4-2

表示されたメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p4-3

「設定」画面が表示されます。

p4-4

「ユーザー情報」の画面がデフォルトで表示されていると思いますが、別の画面が表示されていたら画面左側のメニューの中から「ユーザー情報」メニューをクリックして下さい。

p4-5

「ユーザー情報」の画面を一番下までスクロールして頂くと「アカウントを削除」と書かれたリンクがありますのでクリックして下さい。

p4-6

退会に関する注意書きが表示されます。特に重要と思われるところをピックアップします。

p4-7

アカウント情報は、退会手続きから30日間のみ保持されます。30日以降を過ぎますと、完全に削除されアカウントの復活はできませんのでご注意ください。30日以内であれば、再度ログインすることでアカウントを復活することができます。
このアカウントで使用しているユーザー名やメールアドレスを他のTwitterアカウントで使用したい場合は、退会手続きをする前に変更してください。システム上から完全に削除されるまでの間、同じユーザー名やメールアドレスの使用はできません。

Twitterアカウント削除して宜しければ画面下部の「@(ユーザー名)を削除」ボタンをクリックして下さい。

p4-8

確認ダイアログが表示されます。ログイン用のパスワードを入力して下さい。その後で「退会する」ボタンをクリックして下さい。

p4-9

Twitterからの退会が完了しTwitterアカウントが削除されました。

p4-10

先ほどアカウントを削除する時の注意書きに書かれていた通り、Twitterのアカウント削除後30日以内であれば復元することができます。それでは実際に復元を試してみます。

アカウントの復元を行うには、単に削除したユーザー名とパスワードでログインするだけです。

p4-11

削除したアカウントの復元が完了し、Twitterにログインした状態となりました。

p4-12

このように30日以内であれば削除したTwitterアカウントも復元することができます。ただし30日経過した後では復元することはできません。「入力されたユーザー名やパスワードが正しくありません。確認してからやりなおしてください。」と表示された場合は復元できる期間を過ぎています。

( Written by Tatsuo Ikura+ )