ツイートを投稿する

広告

Twitterで一番基本となるのがツイートです。ブログを利用している場合は記事を投稿しますが、Twitterでは最大140文字までに制限された短いテキストなどを投稿します。このテキストのことをツイートと呼びます。ツイートにはテキストだけでなく画像やリンクなども含めることができます。ここではツイートを投稿する方法について解説します。

1.ツイートの作成と投稿
2.投稿されたツイートは誰が見ることができるのか

ツイートを行うにはホーム画面の中央上部に表示されている「いまどうしてる?」と書かれた個所をクリックして下さい。

p9-1

ツイートを入力できるように画面が変わります。

p9-2

ツイートしたい内容を入力します。ツイートには最大140文字までのテキストを含めることができます。文字は「あ」でも「a」でも同じ1文字としてカウントします。あと何文字入力できるのかは、入力エリアの右下に表示されています。

p9-3

例として「おはようございます。」と10文字入力してみました。入力可能な文字数はこれで130文字となりました。

p9-4

140文字を超えて入力した場合、超えている分が協調されて表示されます。また入力可能な文字数もマイナスで表示されます。140文字を超えている場合はツイートすることはできません。

p9-5

140文字の制限の中でツイートを作成しましたら「ツイート」をクリックして下さい。

p9-6

ツイートが投稿されました。投稿されたツイートは自分のタイムラインや、自分をフォローしているユーザーのタイムラインに表示されます。

p9-7

-- --

なおツイートをするには画面右上に表示されている「ツイート」をクリックしても行うことができます。

p9-8

クリックすると次のように画面中央にツイートを入力するためのエリアが表示されます。

p9-9

ツイートの入力の仕方は先ほどと同じですので、使いやすい方を利用されて下さい。

自分がツイートした内容は自分のタイムラインに表示される他に自分をフォローしているユーザーのタイムラインにも表示されます。またフォローではなくリストに自分を追加しているユーザーも、そのリストを表示した時に自分のツイートが表示されます。実際に自分をフォローしているユーザーのタイムラインを見てみると先ほどツイートしたものが表示されています。

p9-10

またTwitterを非公開で利用していない場合には誰でも自分のプロフィールページなどから自分が投稿したツイートをみることができます。

p9-11

プロフィールページを見るには見たいユーザーのアカウント名を知っている必要がありますが、検索などから調べることもできますので基本自分がツイートした内容は誰でも閲覧可能だと考えて下さい。その為、他の人に見られてまずい内容はツイートしないようにご注意下さい。

例として他のユーザーのプロフィールページを見てみます。するとそのユーザーが今までに投稿したツイートを新しいものから順に見ることができます。

p9-12

特定のユーザーだけにツイートを公開したい場合はツイッターを非公開で利用することもできます。こちらは別のページで詳しく解説します。

( Written by Tatsuo Ikura+ )