動画のURL取得とSNSへの共有

広告

気に入った動画が見つかった場合は動画のURLを取得してメールで連絡したりTwitterやFacebookといったソーシャルネットワークに共有することができます。ここでは動画を共有する方法について解説します。

1.動画のURLと開始秒数の指定
2.ソーシャルネットワークへの共有
3.Google+へ共有する場合の注意点

まずは動画のURLを取得してみます。動画のURLはブラウザのアドレスバーに表示されているものがそのまま使用できます。

p16-1

このURLをメールやTwitterなどで連絡すれば、そのURLへアクセスすることで動画を閲覧できます。

また次の手順でURLを取得すると短縮した形で動画へのURLを取得することができます。動画の下の方に表示されている「共有」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p16-2

動画を表すURLが短縮されたURLで表示されます。このURLを先ほどと同じようにメールやTwitterなどで連絡すれば、そのURLへアクセスすることで動画を閲覧できます。

p16-3

また動画の開始位置を指定することができます。例えば動画を最初から再生するのではなく10秒後のところから再生するURLを取得することができます。開始位置を指定する場合は「開始位置」の左側をチェックした上で秒数を入力して下さい。

p16-4

開始位置付きの動画のURLが取得できます。

p16-5

動画のURLを取得して手動でソーシャルネットワークに共有することもできますが、主要なソーシャルネットワークへは簡単に共有できる仕組みが用意されています。短縮されたURLを取得する時と同じ手順で「共有」と書かれたリンクをクリックすると、主要なソーシャルネットワークへ共有するためのアイコンが表示されます。

p16-6

用意されているのは左から「Twitter」「Facebook」「Google+」「楽天ブログ」「Blogger」「mixi」「Ameba」「tumblr.」「reddit」「Yahoo!Japan」「ВКонтакте」「Pinterest」「hit」となっています。

例としてTwitterへ共有してみます。事前にTwitterにログインした上で「Twitter」のアイコンをクリックします。(ログインしていない場合は後でログイン画面が表示されます)。

p16-7

Twitterへ共有するための投稿テンプレートが表示されます。このままツイートしてもいいですしテキストを追加したり編集したりした上でツイートしても構いません。準備ができましたら「ツイート」ボタンをクリックして下さい。

p16-8

Twitterへ共有されます。

p16-9

次にFacebookへ共有してみます。事前にFacebookにログインした上で「Facebook」のアイコンをクリックします。

p16-10

Facebookへ共有するための投稿テンプレートが表示されます。このままでもいいですし何かメッセージを追加することもできます。準備ができましたら「シェア」ボタンをクリックして下さい。

p16-11

Facebookへシェアされます。

p16-12

このように色々なソーシャルネットワークへ動画を簡単に共有することができます。なおGoogle+へ共有する場合だけは注意が必要です(この後解説します)。

Google+へ共有する場合もTwitterやFacebookと同じように行うことができるのですが、Google+へ共有した場合は、共有する時に記載したメッセージが動画のコメント欄にも合わせて表示されるので注意が必要です。

では実際に試してみます。事前にGoogle+にログインした上で「Google+」のアイコンをクリックします。

p16-13

Google+へ共有するための投稿テンプレートが表示されます。このままでもいいですし何かメッセージを追加することもできます。共有先を一般公開か特定のサークルかなど指定して下さい。準備ができましたら「共有」ボタンをクリックして下さい。

p16-14

Google+へ共有されます。

p16-15

Google+へ共有した後で動画のコメント欄を見てみるとGoogle+へ共有した時に追加したメッセージがコメントとして表示されています。Google+で共有することでコメント欄に表示された場合には「Google+から」と言う表示がコメントに表示されます。

p16-16

このようにGoogle+へ共有した場合には、動画のコメント欄の方にも表示されることを覚えておいて下さい。

----

動画のURLを取得する方法や、TwitterやFacebookといったソーシャルネットワークに簡単に共有する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )