複数の画像を使ってスライドショーを作成しYouTubeで公開する

広告

YouTubeでは複数の画像を使ってスライドショーを作成し、動画としてアップロードする機能が用意されています。ここでは画像からスライドショーを作成する方法について解説します。

スライドショーを作成するには、まず画面右上の「アップロード」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p43-1

アップロードする動画ファイルを指定する画面が表示されます。画面右側の「写真のスライドショー」と書かれた個所をクリックして下さい。

p43-2

スライドショーで使用する画像を選択する画面が表示されます。「写真をアップロード」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p43-3

アップロードする画像を画面上にドロップするか、画面中央の「パソコンから写真を選択」と書かれたリンクをクリックしてローカルに保存されている画像ファイルを選択して下さい。(複数の画像ファイルを一度にまとめて選択できます)。

p43-4

今回は5枚の写真を選択しました。選択を行うと画像がアップロードされます。さらに画像を追加したい場合は「+他の動画を追加」と書かれたリンクをクリックして下さい。追加が全て終わった場合は「次へ」と書かれたリンクをクリックして下さい。今回は「次へ」をクリックしました。

p43-5

「設定の編集」画面が表示され、アップロードした画像を使ってスライドショーが作成されます。作成されたスライドショーに対してはスライドの表示時間やスライドの効果、そして画像を切り替わる時の切り替え効果を選択します。また音声を設定することもできます。

p43-6

「スライドの表示時間」というのはスライド1枚を何秒表示するかの設定です。デフォルトでは3秒となっていますが1秒から10秒まで設定できます。

p43-7

「スライドの効果」はスライドを表示する時にそのまま静止して表示するか、それとも少しずつ拡大と移動を行い動きがあるようにするかを設定できます。

p43-8

「切り替え効果」は表示されているスライドから次のスライドに切り替える時にどのように切り替えるのかを設定できます。

p43-9

スライドショーの機能では自分で用意した音声をスライドショーに付けることはできませんが、用意されている音声データから1つ選択してスライドショーに音声を付けることができます。選択すると実際にどのようにスライドショーで音声が流れるのかを試すことができます。

p43-10

音声が不要な場合やスライドショーを作成した後で自分で動画編集ツールなどを使って音声を付ける予定の場合は画面右上の「音声なし」にチェックして下さい。また「人気の曲▼」と書かれている個所をクリックして頂くと他のカテゴリも見ることができます。

p43-11

一通りの設定が終わりましたら画面右下の「アップロード」と書かれたリンクをクリックして下さい。スライドショーが作成されアップロードが開始されます。

p43-12

通常の動画のアップロードを行った時と同じ画面が表示されます。動画のタイトルや説明文、タグ、サムネイルなどを設定して下さい。

p43-13

プライバシー設定についても通常の動画と同じく「公開」「限定公開」「非公開」から選択できます。(プライバシー設定の詳細については「動画のプライバシー設定(公開/限定公開/非公開)」を参照されて下さい)。

p43-14

画面右上の「公開」と書かれたリンクをクリックすると作成したスライドショーが動画として公開されます。(「公開」をクリックしなかった場合は、作成だけ行われて公開されていない状態となります。後から公開する場合は「アップロードだけ行い公開は保留した場合に後から公開する方法」を参照されて下さい)。

p43-15

スライドショーの公開が完了しました。

p43-16

作成したスライドショーは他のアップロードした動画と同じ扱いとなりますので、マイチャンネルの「動画」タブなどに表示されます。

p43-17

スライドショーを再生する場合も通常の動画と同じように行われます。

p43-18

複数の画像を使ってスライドショーを作成する機能の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )