動画の埋め込みを無効にし外部サイトで動画を再生できないようにする

広告

アップロードした動画の埋め込みを無効にする方法を解説します。埋め込みが無効になっている動画はYouTubeでのみ再生ができ、外部のサイトに埋め込まれたとしても「この動画はYoutubeでご覧になれます。他のウェブサイトでの再生は、動画の所有者によって無効に設定されています。」と表示されます。

1.動画の埋め込みを無効にする
2.埋め込みが無効になった動画の埋め込みコード
3.後から埋め込みを無効にした場合に既に外部サイトに埋め込まれた動画の再生

画面右上のプロフィールアイコンをクリックし、表示された画面の中から「クリエイターツール」をクリックして下さい。

p44-1

クリエイターツールのダッシュボードが表示されます。画面左側にある「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p44-2

動画の管理画面が表示されます。

p44-3

表示されている動画の一覧の中から設定を行いたい動画の右にある「編集」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p44-4

表示された画面の動画の下の方にある「詳細設定」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p44-5

動画の「詳細設定」画面が表示されます。

p44-6

動画の埋め込みを許可しない設定にする場合は、「配信オプション」のところにある「埋め込みを許可」のチェックボックスを外して下さい。

p44-7

最後に画面右下の「変更を保存」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p44-8

以上で設定は完了です。

動画の埋め込みが許可されている場合、動画をYouTubeで表示した時に動画の画面下にある「共有」>「埋め込みコード」とクリックして頂くと、動画を外部のサイトで埋め込むためのコードが表示されます。

p44-9

動画の埋め込みが無効になっている場合、同じように「共有」>「埋め込みコード」とクリックして頂くと、埋め込み用のコードは表示されず「リクエストによる埋め込み無効」と表示されます。

p44-10

このように埋め込みが無効になった動画では埋め込み用のコードを取得することができなくなります。

動画を公開した当初は埋め込みが許可されたいたけれど、後から動画のオーナーが埋め込みを無効にした場合にどうなるのかについても確認しておきます。まず埋め込みが許可されている状態で埋め込み用のコードを取得しブログの記事などに貼り付けます。

p44-11

ブログに埋め込まれた動画は、ブログの記事上で再生することができます。

p44-12

次にこの動画の「埋め込みの許可」のチェックを外し埋め込みを無効にします。

p44-13

設定を変更後、対象の動画が埋め込まれた外部のブログ記事などを表示してみます。するとサムネイルは表示されますが、実際に動画を再生しようとすると「この動画はYoutubeでご覧になれます。他のウェブサイトでの再生は、動画の所有者によって無効に設定されています。」と表示され動画を再生することができません。

p44-14

p44-15

このように以前は埋め込みを許可していて既に外部のサイトに埋め込まれた場合でも、後から設定を変更することで外部サイトでの動画再生を行えないようにすることが可能です。

( Written by Tatsuo Ikura+ )