画質の設定とアノテーション表示設定

広告

YouTubeで動画を再生する時、利用されているインターネット回線の速度や動画プレイヤーのサイズに応じて画質が変化するようになっています。ここでは画質を手動で変更する方法について解説します。また合わせてアノテーションの表示設定についても解説します。

1.画質を手動で設定
2.デフォルトの画質設定とフルスクリーン時の画質設定
3.アノテーションの設定

動画の画質は144p/240p/360p/480p/720p(HD)/1080p(HD)などから選択できます。数値が高いほど高画質となります。ただし公開された動画が360pで録画されている場合は高解像度の720pや1080pで再生することはできません。

動画の画質は利用されているインターネット回線の状況や動画プレイヤーのサイズなどから自動的に決まりますが手動で変更することも可能です。変更する場合は動画の右下にある「設定」と表示されるアイコンをクリックして下さい。

p7-1

「画質」の右側にあるドロップダウンメニューに現在設定されている画質が表示されています。変更する場合はドロップダウンメニューをクリックして下さい。

p7-2

選択可能な画質が表示されます。画質を選択するとその画質にて動画が再生されます。

p7-3

もし動画が標準画質(240pや360p)で録画された場合は高解像度(720pや1080p)の画質を選択することはできません。その場合は次のように画質の選択肢に表示されません。

p7-4

YouTubeにログインしている場合でインターネットの接続速度が遅い環境で利用されている場合に動画を高画質で再生しないように設定しておくことが可能です。

YouTubeにログインを行った後で、画面右上の歯車アイコンをクリックし表示されたメニューの中から「YouTubeの設定」メニューをクリックして下さい。

p7-5

「アカウント設定」画面が表示されますので「再生方法」メニューをクリックして下さい。

p7-6

「動画の再生画質」の設定としてデフォルトでは「常に接続速度とプレーヤー サイズに最適な画質を使用する」になっています。高画質で再生しないようにする場合は「接続速度が遅いので今後動画を高画質で再生しない」を選択して下さい。設定を変更した場合は画面右上の「保存」をクリックして下さい。

p7-7

「常に接続速度とプレーヤー サイズに最適な画質を使用する」の場合でも「フルスクリーンの場合は常に HD で再生する(可能な場合)」にチェックをしておくことで動画をフルスクリーン(全画面)で表示する場合はHD(高解像度)で表示するように設定することも可能です。

YouTubeのヘルプによると「アノテーションとは、YouTube 動画にオーバーレイとして表示されるクリック可能なテキストです。」と記載されており、動画の再生画面上にリンクが設定されたテキストのことをアノテーションと呼んでいるようです。

例えば下記の動画の場合、動画の左上にテキストが表示されています。これがアノテーションです。

p7-8

アノテーションは非表示に設定することも可能です。設定する場合には動画の右下にある「設定」と表示されるアイコンをクリックして下さい。

p7-9

「アノテーション」の右側で「オン」と「オフ」を選択することができます。デフォルトでは「オン」となっていますのでアノテーションを表示しない場合には「オフ」をクリックして下さい。

p7-10

アノテーションをオフにした後で動画を再生してみるとアノテーションが表示されなくなっているのを確認できます。

p7-11

YouTubeにログインしている場合、アノテーションに関するデフォルトの設定しておくことが可能です。YouTubeにログインを行った後で、画面右上の歯車アイコンをクリックし表示されたメニューの中から「YouTubeの設定」メニューをクリックして下さい。

p7-12

「アカウント設定」画面が表示されますので「再生方法」メニューをクリックして下さい。

p7-13

「アノテーション」の設定としてデフォルトでは「動画にアノテーションを表示する」にチェックが入っています。デフォルトの設定としてアノテーションを非表示にする場合はチェックを外して下さい。設定を変更した場合は画面右上の「保存」をクリックして下さい。

p7-14

デフォルトの設定変更後に動画を再生してみると、アノテーションの設定が最初からオフになっていることが確認できます。

p7-15

----

動画を再生する時の画質に関する設定方法、そして動画上に表示されるアノテーションの表示/非表示に関する設定について解説いたしました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )