2段階認証を使ってログインする

広告

Amazonアカウントにログインした場合、通常はメールアドレスとパスワードを入力してログインしますが、2段階認証を有効になっている場合はセキュリティコードの入力も必要となります。ここでは2段階認証が有効になっている場合のAmazonアカウントへのログイン手順について解説します。

1.メインのセキュリティコード取得方法を使ってログインする
2.バックアップのセキュリティコード取得方法を使ってログインする

※ 2段階認証を有効にする手順については「Amazonアカウントで2段階認証を有効にする」を参照して下さい。

Amazonアカウントにログインするには、画面上部の「アカウントサービス」をクリックし、表示されたメニューの中から「サインイン」をクリックして下さい。

p2-1

ログイン画面が表示されますので、メールアドレスとパスワードを入力し、その後で「サインイン」をクリックして下さい。

p2-2

セキュリティコードの入力画面が表示されます。

p2-3

2段階認証を有効にする時にメインのコードを取得する方法として設定した方法でコードを取得して下さい。テキストメッセージ(SMS)の場合はコードがテキストメッセージで届きます。今回は認証アプリを選択していましたので、スマートフォンで認証アプリを起動して下さい。

p2-4

認証アプリに表示されたセキュリティコードを、次の数字に切り替わるまでの数十秒間の間にPCの画面のコードを入力する箇所に入力して下さい。入力が終わりましたら「サインイン」をクリックして下さい。

p2-5

Amazonアカウントへのログインが完了しました。

p2-6

今回メインのセキュリティコード取得方法として認証アプリを設定していますが、認証アプリが使えない状況でログインしなければならない場合にはバックアップとして設定したセキュリティコードの取得方法を使ってログインすることができます。

メールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」をクリックするところまでは同じです。その後、セキュリティコードの入力画面が表示されましたら「コードが届きませんか?」をクリックして下さい。

p2-7

コードの取得方法を選択します。今回バックアップの方法として音声電話が設定してありましたので、「下4桁がXXXXの電話番号にかけてください」を選択し、その後で「コードを送信」をクリックして下さい。

p2-8

入力した電話番号宛に電話がかかってきます。電話を受けると音声メッセージでコードが流れますので、PCの画面に戻りコードを入力し「サインイン」をクリックして下さい。

p2-9

Amazonアカウントへのログインが完了しました。

p2-10

このようにメインのコード取得方法が使用できない場合でも、バックアップの取得方法が利用できればログインすることができます。

( Written by Tatsuo Ikura+ )