2段階認証を無効にする

広告

Amazonアカウントに対して2段階認証を有効にした場合でも、後から無効にすることができます。ここでは2段階認証を無効にする手順について解説します。

1.2段階認証を無効にする
2.2段階認証を無効にした後でログインを試してみる

2段階認証を無効にするには、Amazonアカウントにログイン後、画面上部の「アカウントサービス」をクリックし、表示されたメニューの中から「アカウントサービス」をクリックして下さい。

p3-1

アカウントサービスの画面が表示されます。

p3-2

「アカウント設定」の個所にある「アカウント設定を変更」をクリックして下さい。

p3-3

アカウント設定の変更に関する画面が表示されますので、「高度なセキュリティ設定」の右側に表示されている「編集」をクリックして下さい。

p3-4

2段階認証などの高度なセキュリティに関する設定画面が表示されます。「2段階認証」と書かれている右側の「無効化」をクリックして下さい。

p3-5

確認ダイアログが表示されますので無効にしていい場合は「無効化」をクリックして下さい。なお「2段階認証の設定をリセット」にチェックをしておくと、2段階認証を有効化した時に設定した内容が初期化されます(チェックをしなかった場合は、再度有効化した時に前の設定を利用できます)。

p3-6

2段階認証が無効になりました。

p3-7

2段階認証が無効になっている場合は、メールアドレスとパスワードを入力するだけでログインができます。実際に試してみます。ログアウトした状態から画面上部の「アカウントサービス」をクリックし、表示されたメニューの中から「サインイン」をクリックして下さい。

p3-8

ログイン画面が表示されますのでメールアドレスとパスワードを入力し「サインイン」をクリックして下さい。

p3-9

Amazonアカウントへのログインが完了しました・

p3-10

2段階認証が無効となっていますのでセキュリティコードの入力を求められることなくAmazonアカウントへログインすることができました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )