サービスの使い方

Internet Archive Wayback Machineの使い方 ~Webサイトの過去のキャッシュを閲覧する~

Internet Archive Wayback Machineは世界中のサイトの過去のデータを自動的に保存しているサービスです。誤ってサイトのデータを削除してしまった場合にも、Wayback Machineを探すことでデータが見つかるかもしれません。また取得しようとしているドメインで過去にどんなサイトが運営されていたのかを調べたい場合にも便利です。今日はInternet Archive Wayback Machineの使い方について解説します。

サイトの過去のデータを参照する

Internet Archive Wayback Machineを利用する次のURLへアクセスして下さい。

https://archive.org/web/

閲覧したいサイトのURLを画面上部のテキストボックスに入力し、「BROWSE HISTORY」をクリックして下さい。

日付を選択する画面が表示されます。「Saved 118,229 times between November 20, 1996 and July 12, 2018」と表示されており、このサイトのデータを初めて取得したのが1996年11月20日で、2018年7月12日までの期間に118,229回データを取得したことが分かります。

最初に年を選びます。例として2004年の個所をクリックして下さい。

画面下部に2004年のカレンダーが表示されます。カレンダーの中で青い丸が表示されているところがデータを取得した日付です。

それでは2004年5月19日に取得されたデータを閲覧してみます。5月19日の個所をクリックして下さい。

指定した日時に取得されたサイトのデータが表示されました。

このように指定したサイトの過去のデータを閲覧することができます。ただし閲覧できるのはデータが取得されている場合で、手動でデータを保存していない場合は自動的に取得されたデータしか閲覧することはできません。

なお内部リンクなども自動的に保存されたデータへのリンクへ書き換えられています。リンク先のデータも保存されている場合にはリンクをクリックすると、保存されたリンク先のデータが表示されます。(ただし同じ日のアーカイブとは限りません)。

現在のサイトのデータを保存する

Internet Archiveでは世界中のサイトのデータを定期的にクロールしてアーカイブ(保存)していますが、どのタイミングでサイトのデータが保存されるのかは分かりません。そこで任意のタイミングでサイトのデータを保存する機能が用意されています。

サイトのデータを保存するには、Wayback Machineのサイトの右下にある「Save Page Now」で行います。

テキストボックスにサイトのURLを入力し、「SAVE PAGE」をクリックして下さい。

サイトのデータが保存されました。

保存されたデータを削除する

Internet Archiveに保存されたデータを削除する方法はFAQのページにて次のように記載されています。

How can I have my site’s pages excluded from the Wayback Machine?

You can send an email request for us to review to info@archive.org with the URL (web address) in the text of your message.

引用元:Internet Archive Frequently Asked Questions

記載されているメールアドレス宛にデータを削除したいサイトのURLを記述したメールを送信すればいいようです。ただサイトの運営者以外からは受け付けられないと思いますので、メール送信後に別途認証などが行われるのではないかと思います。