Microsoft Edgeの拡張機能「Translator for Microsoft Edge」を使ってWebページを翻訳する

広告

ブラウザでWebページを翻訳して表示するにはGoogle翻訳などがありますが、今回はMicrosoft Translatorを使ってWebページを翻訳する方法について試してみます。Microsoft Translatorでは対応しているブラウザのMicrosoft Edge向けに拡張機能「Translator for Microsoft Edge」が用意されています。

広告

Microsoft Edgeを起動して下さい。

p6-1

Microsoft Edgeで翻訳機能を使用できるように「Translator for Microsoft Edge」をインストールします。次のページへアクセスして下さい。

p6-2

下へスクロールしていくと「More Microsoft Translator Apps」と書かれたエリアがあります。この中の「Translator for Microsoft Edge」のところに表示されている「Download Now」をクリックして下さい。

p6-3

Microsoft Storeが起動し「Translator for Microsoft Edge」のページが表示されます。「入手」をクリックして下さい。インストールが開始されます。

p6-4

インストール中にMicrosoftアカウントにログインし複数のデバイスで使用できるようにするかどうかの画面が表示されました。今回は「必要ありません」をクリックしました。

p6-5

Microsoft Storeの画面で「この製品はインストール済みです」と表示されていればインストールは完了です。Microsoft Storeを閉じて下さい。

p6-6

Microsoft Edgeの画面に戻ると、画面右上に「新しい拡張機能があります」と表示されています。「有効にする」をクリックして下さい。

p6-7

以上で拡張機能「Translator for Microsoft Edge」のインストールおよび有効化が完了し、Microsoft Edgeで翻訳機能が利用できるようになりました。

p6-8

ここからは実際の使い方を見ていきます。最初にページ全体を翻訳する方法です。翻訳を行いたいWebページを表示して下さい。

p6-9

アドレスバーに表示されている翻訳アイコンをクリックして下さい。

p6-10

「翻訳前の言語」、そして「翻訳後の言語」が表示されます。今回は英語から日本語へですが、他の言語に変更することもできます。今回はそのままとしました。言語の選択が終わりましたら「このページを翻訳します」をクリックして下さい。

p6-11

ページ全体が指定した翻訳後の言語(今回は日本語)に翻訳されて表示されました。

p6-12

-- --

日本語から他の外国語への翻訳もできます。今度は日本語で記載されてWebページを表示して下さい。

p6-13

アドレスバーに表示されている翻訳アイコンをクリックして下さい。「翻訳前の言語」、そして「翻訳後の言語」が表示されます。

p6-14

日本語から日本語へとなっているので、「翻訳後の言語」に表示されている「日本語」をクリックして下さい。言語を選択するドロップダウンメニューが表示されますので「英語」を選択しました。

p6-15

言語の選択が終わりましたら「このページを翻訳します」をクリックして下さい。

p6-16

ページ全体が指定した翻訳後の言語(今回は英語)に翻訳されて表示されました。

p6-17

Microsoft Translatorを使ってWebページを翻訳した時に、翻訳前の状態にいつでも戻してページを表示させることができます。例えば下記のページで翻訳を行ってみます。

p6-18

日本語に翻訳してみました。

p6-19

Webページを翻訳したあと、翻訳する前の元のページに戻したくなった場合はアドレスバーに表示されている翻訳アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「元のページを表示する」をクリックして下さい。

p6-20

翻訳する前の元のページが表示されました。

p6-21

ページ全体をまとめて翻訳するだけでなく、ページの中の一部だけを翻訳することもできます。翻訳したい部分を選択して下さい。

p6-22

選択した部分の上で右クリックをして下さい。メニューが表示されますので、その中の「テキストを日本語に翻訳します」をクリックして下さい。

p6-23

選択した部分だけが翻訳されて表示されました。

p6-24

単語だけでなく、もう少し長い分を選択して翻訳することもできます。

p6-25

ページ内の一部を翻訳する場合、デフォルトの設定では日本語に翻訳されますが日本語以外に言語に翻訳することもできます。設定を変更するにはアドレスバーに表示されている翻訳アイコンを右クリックして下さい。すると「管理」と表示されますのでクリックして下さい。

p6-26

画面右側に拡張機能「Translator for Microsoft Edge」に関する情報が表示されます。この中の「オプション」をクリックして下さい。

p6-27

オプション画面が表示されます。

p6-28

「次の言語にページを翻訳する」の下にあるドロップダウンメニューで翻訳後の言語を設定します。現在は「日本語」になっていますので例として「英語」に変更してみます。

p6-29

これでページの一部を翻訳する時に、英語に翻訳されるようになりました。

それでは実際に試してみます。日本語で記述されたページの一部を選択し、右クリックをします。先ほどは「テキストを日本語に翻訳します」と表示されましたが今度は「テキストを英語に翻訳します」と表示されました。

p6-30

「テキストを英語に翻訳します」をクリックすると選択されていた部分が英語に翻訳されて表示されました。

p6-31

拡張機能「Translator for Microsoft Edge」を一時的に無効にするにはMicrosoft Edgeの右上に表示されている「・・・」アイコンをクリックして下さい。

p6-32

表示されたメニューの中から「拡張機能」をクリックして下さい。

p6-33

追加されている拡張機能の一覧が表示されますので、その中から「Translator for Microsoft Edge」をクリックして下さい。

p6-34

画面右側に拡張機能「Translator for Microsoft Edge」に関する情報が表示されます。

p6-35

「Translator for Microsoft Edge」を一時的に無効にするには次のボタンをクリックして下さい。

p6-36

「Translator for Microsoft Edge」が無効になりました。もう一度クリックすれば再び有効にすることができます。

p6-37

-- --

「Translator for Microsoft Edge」をアンインストールするには、先ほどの画面に表示されている「アンインストール」をクリックして下さい。

p6-38

確認画面が表示されます。アンインストールしてよろしければ「OK」をクリックして下さい。

p6-39

アンインストールが完了しました。

p6-40

-- --

Microsoft Edgeに拡張機能「Translator for Microsoft Edge」をインストールしてページを翻訳する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)