AdSenseの使い方

AdSenseを掲載しているサイトにads.txtを設置する

しばらく前からads.txtという言葉を聞く機会が増えました。ads.txtはオンライン広告を設置しているサイトで利用する不正な広告を防止するために使われるものでAdSenseを掲載しているサイトでも設置が推奨されています。今回はads.txtに関する簡単な解説と、AdSenseを掲載しているサイトにads.txtを設置する手順について解説します。

ads.txtとは

ads.txt(アズテキストと呼びます)は自分が運営しているサイトで広告掲載を許可している広告ネットワークの情報を掲載するものです。ads.txtは必須なものではありませんが、Google社も設置を推奨しています。

自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する – AdSense ヘルプ

ads.txtを設置する目的は不正な広告枠の販売を防止するためのものです。詳しくは別のサイトをご参照して欲しいのですが、自分の運営しているサイトを装った別のサイトによって本来自分のサイトに掲載されるべき広告が奪われてしまうことを防止します。

自分のサイトに設置したads.txtに現在自分のサイトで許可している広告ネットワークや運営者IDを列挙することで、広告主は広告を出稿しようとしているサイトで本当に広告枠が販売されているのかを確認することができます。

ads.txtの記述方法

ads.txtはテキストファイルです。自分のサイトで認定している広告の販売者情報を1行毎に記述していきます。記述する内容は4つの項目に関して記述しますが、間違えると広告配信が行われないこともありますので、広告の販売業者に確認することをお勧めします。

AdSenseを利用している場合で、ご自身でアカウントを管理されている(他の業者に管理を委託していない)場合は次のように記述します。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-0000000000000000」の部分はご自身のAdSenseのサイト運営者 IDに置き換えて下さい。確認方法はあとでご説明します。

それではテキストエディタを起動し、先ほどの1行を記述して下さい。

ファイル名を「ads.txt」として保存すればads.txtの作成は完了です。

AdSenseのサイト運営者 IDの確認方法

AdSenseにおけるサイト運営者IDの確認方法です。まずはAdSenseにログインして下さい。ログイン後、左上のメニューアイコンをクリックして下さい。

表示されたメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

「設定」>「アカウント」>「アカウント情報」とクリックして下さい。

アカウント情報のページが表示されます。一番上に表示されているのが「サイト運営者 ID」です。

ads.txtの設置場所

作成したads.txtは自分の運営しているサイトのルートドメインに設置します。例えば自分のサイトのドメインが「example.com」だった場合には、「http://example.com/ads.txt」のようにアクセスできる場所に設置します。

サブドメインを使用してサイトを運営している場合でもルートドメインに設置する必要があることに注意して下さい。例えば「http://www.example.com/」のように「www」付きもサブドメインと同じ扱いとなり、ads.txtはルートドメインである「http://example.com/」の方に設置が必要です。

ただし先ほどのAdSenseのヘルプページには次のような記述があります。

ads.txt v1.0.1 への仕様更新に伴い、Google では元のルートドメイン外への単一の HTTP リダイレクトがサポートされるようになります(例: example1.com/ads.txt から example2.com/ads.txt へのリダイレクト)。

その為、例えば「http://example.com/ads.txt」から「http://www.example.com/ads.txt」へのリダイレクトが設定されていればリダイレクト先の方にads.txtが設置されていても大丈夫です。

サブドメインのURLが割り当てられるサービスを使っている場合の注意点

例としてレンタルサーバーやブログサービスを利用している場合で考えてみます。サービスによっては、ご自分のサイトやブログのURLがサブドメインの形式になっている場合があります。

www.example.com ・・・サービス提供会社が利用
hoge1.example.com ・・・ユーザーA用のURL
hoge2.example.com ・・・ユーザーB用のURL
hoge3.example.com ・・・ユーザーC用のURL

先ほど記載したようにads.txtはトップドメインに設置しなければなりませんので、各ユーザーは自分専用のads.txtを設置することはできず、ルートドメインに設置したads.txtを全ユーザーで共有する必要があります。

example.com/ads.txt ・・・全ユーザー共有のファイル

ads.txtが存在しなければいいのですが、ads.txtを設置してしまうとルートドメインだけでなく全てのサブドメインで有効となります。ads.txtには自分のサイトやブログで配信している広告(AdSenseなど)に関する情報を記述しなければなりませんので、ルートドメインに設置されたads.txtでは全ユーザーの広告に関する情報を記述し更新していかなければなりません。

通常ルートドメインにファイルを設置したり、設置されたファイルの更新をユーザーは行えませんのでサービス提供側で管理する必要がありますが、現実的には難しいのではないでしょうか。

このように多くのユーザーで共有しているドメインではads.txtの設置は現時点は難しいのですが、サービスを提供している事業者が自社用にads.txtを設置してしまうケースが昨年ありました。その結果、同じドメインのサブドメインを利用している各ユーザーのAdSenseの利用に影響がでるといったことがありました。

もし自分のサイトやブログが独自ドメインではない場合で、ads.txtを設置していないのに「AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。」のようなエラーがAdSenseの管理画面に表示された場合は、サービスを提供している事業者が設置してしまっていないか確認されてみるといいかもしれません。

— —

ads.txtの作成方法と設置場所に関して解説しました。ads.txtは運営しているサイト毎に設置が必要です。ads.txtは非常に簡潔なテキストファイルですが、記載内容を間違えると広告の配信が行われない可能性もあります。設置される場合にはよく確認の上で行われて下さい。