コメントを投稿できるユーザーを設定する

広告
eyecatch

Blogger ではブログにコメントを投稿することができますが、誰がコメントを投稿できるのかについて設定を行うことができます。誰でも投稿できるようにしたり、 Google アカウントが必要にしたり、さらに限定してブログのメンバーだけにすることもえきます。ここではコメントを投稿できるユーザーを設定する方法について解説します。

コメントを投稿できるユーザーを設定する

ブログに投稿できるユーザーを設定するには、 Blogger の管理画面左側に表示されている「設定」をクリックしてください。

コメントを投稿できるユーザーを設定する(1)

表示されたサブメニューの中から「投稿、コメント、共有」をクリックしてください。

コメントを投稿できるユーザーを設定する(2)

「投稿、コメント、共有設定」画面が表示されます。

コメントを投稿できるユーザーを設定する(3)

コメントを誰が投稿できるのかについては「コメント」ブロックの中の「コメントを投稿できるユーザー」で設定します。選択可能な設定は「全員(匿名ユーザー含む)」「Googleアカウントのユーザー」「ブログメンバー専用」の3つです。

コメントを投稿できるユーザーを設定する(4)

それではそれぞれの値を選択したときにどのような挙動になるのかを確認してみます。

全員にコメントを許可する

最初に全員にコメントを許可する場合です。「コメントを投稿できるユーザー」の値として「全員(匿名ユーザー含む)」を選択してください。

全員にコメントを許可する(1)

設定が終わりましたら画面右上の「設定を保存」をクリックしてください。これで準備は完了です。

全員にコメントを許可する(2)

ではブログに投稿されているいずれかの記事の下部をみてください。コメントの投稿欄が表示されています。

全員にコメントを許可する(3)

「コメントの記入者」の右側にコメントの投稿者を設定するドロップダウンメニューがありますのでクリックしてください。

全員にコメントを許可する(4)

「Googleアカウント」を選択するとコメントを投稿する時に Google アカウントのログイン画面が表示されます。「名前/URL」を選択すると、コメントを投稿したユーザーの名前と URL を入力してからコメントを投稿します。「匿名」を選択するとコメントを投稿する人に関する情報は何も入力せずにコメントを投稿します。

「Googleアカウント」を選択した場合にどうなるのかは、次の「Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する」で解説します。それ以外の 2 つについてそれぞれ試しています。

名前とURLを入力してコメントを投稿する

それでは最初に「名前/URL」を選択してみます。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(1)

名前と URL を入力するテキストボックスが表示されます。名前は必須ですが、 URL は不要であれば省略できます。 URL を入力した場合は投稿されたコメントに表示される名前のところに URL へのリンクが設定されます。入力が終わったら「次へ」をクリックしてください。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(2)

名前とURLを入力してコメントを投稿する(3)

コメントの記入者が設定されました。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(4)

コメントを入力したら「公開」をクリックしてください。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(5)

スパムなどのコメントを防止するための reCAPTCHA を使った確認がありますので行ってください。その後で「公開」をクリックしてください。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(6)

コメントが投稿されて記事の下部に表示されました。コメントの投稿者のところには指定した名前が表示されており、名前の部分には指定した URL へのリンクが設定されています。

名前とURLを入力してコメントを投稿する(7)

匿名でコメントを投稿する

次に「匿名」を選択してみます。

匿名でコメントを投稿する(1)

コメントの記入者が設定されました。

匿名でコメントを投稿する(2)

コメントを入力したら「公開」をクリックしてください。

匿名でコメントを投稿する(3)

スパムなどのコメントを防止するための reCAPTCHA を使った確認がありますので行ってください。その後で「公開」をクリックしてください。

匿名でコメントを投稿する(4)

コメントが投稿されて記事の下部に表示されました。コメントの投稿者のところには匿名と表示されています。

匿名でコメントを投稿する(5)

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する

次に Google アカウントを持っているユーザーにだけコメントを許可する場合です。「コメントを投稿できるユーザー」の値として「Googleアカウントのユーザー」を選択してください。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(1)

設定が終わりましたら画面右上の「設定を保存」をクリックしてください。これで準備は完了です。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(2)

ではブログに投稿されているいずれかの記事の下部をみてください。コメントの投稿欄が表示されています。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(3)

それではコメントを入力し「公開」をクリックしてください。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(4)

Google アカウントのログイン画面が表示されます。コメントを投稿する時に使用する Google アカウントでログインしてください。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(5)

コメントの記入者が設定されました。あらためて「公開」をクリックしてください。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(6)

Blogger を利用したりコメントを投稿したりするのが初めての場合には表示される名前の設定画面が表示されます。任意の名前を入力し「Blogger に移動」をクリックしてください。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(7)

コメントが投稿されて記事の下部に表示されました。コメントの投稿者のところには先ほど設定した Blogger プロフィール名が表示されています。

Googleアカウントのユーザーにコメントを許可する(8)

ブログメンバーにコメントを許可する

最後にブログの管理者や投稿者などブログのメンバーだけにコメントを投稿する場合です。「コメントを投稿できるユーザー」の値として「ブログメンバー専用」を選択してください。

ブログメンバーにコメントを許可する(1)

設定が終わりましたら画面右上の「設定を保存」をクリックしてください。これで準備は完了です。

ブログメンバーにコメントを許可する(2)

ではブログに投稿されているいずれかの記事の下部をみてください。コメントの投稿欄が表示されています。

ブログメンバーにコメントを許可する(3)

それではコメントを入力し「公開」をクリックしてください。

ブログメンバーにコメントを許可する(4)

Google アカウントのログイン画面が表示されます。コメントを投稿する時に使用する Google アカウントでログインしてください。まずはブログのメンバーではない Google アカウントでログインしてみます。

ブログメンバーにコメントを許可する(5)

コメントの記入者に設定まではできました。ただこのあと「公開」をクリックすると「このブログには、チームメンバーのみがコメントできます。」と表示されてコメントが投稿できませんでした。

ブログメンバーにコメントを許可する(6)

ブログメンバーにコメントを許可する(7)

それでは今度は Google アカウントのログイン画面が表示された時に、ブログのメンバーになっている Google アカウントでログインしてみます。コメントの記入者に設定されますのであらためて「公開」をクリックしてください。

ブログメンバーにコメントを許可する(8)

コメントが投稿されて記事の下部に表示されました。

ブログメンバーにコメントを許可する(9)

今回はブログの投稿者として追加されている Google アカウントでログインしてコメントを投稿しました。ブログに管理者や投稿者などのメンバーを追加する方法については「ブログに管理者または投稿者の権限を持ったユーザーを追加する」を参照されてください。

----

コメントを投稿できるユーザーを設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。