コメントを承認制にする

広告

コメントは投稿されるとすぐに表示されますが、コメントを承認制にすることでコメントを投稿したあとで承認されたものだけが表示されるようになります。ここではコメントを承認制にする手順について解説します。

コメントを承認制に設定する

コメントを承認されるまで表示しないようにするには Blogger の管理画面左側に表示されている「設定」をクリックしてください。

コメントを承認制に設定する(1)

表示されたサブメニューの中から「投稿、コメント、共有」をクリックしてください。

コメントを承認制に設定する(2)

「投稿、コメント、共有設定」画面が表示されます。

コメントを承認制に設定する(3)

コメントを承認制にするには、「コメント」ブロックの中の「コメントの管理」で設定します。

コメントを承認制に設定する(4)

「なし」が選択されている場合はコメントは投稿されるとすぐに表示されます。「常に」が選択されている場合はすべてのコメントが承認が必要となります。「ときどき」が選択されている場合は指定した日数よりも前に投稿した記事に対するコメントに承認が必要となります。

それでは承認が必要となる「常に」と「ときどき」をそれぞれ試してみます。

すべてのコメントで承認を必要とする

すべてのコメントで承認を必要とするには「コメントの管理」で「常に」を選択してください。

すべてのコメントで承認を必要とする(1)

設定が終わりましたら画面右上にある「設定を保存」をクリックしてください。

すべてのコメントで承認を必要とする(2)

これですべてのコメントが承認が必要となりました。

-- --

それではブログにアクセスし、新しいコメントを投稿してみます。

すべてのコメントで承認を必要とする(3)

コメントの本文を入力し「公開」をクリックするとコメントが投稿されます。

すべてのコメントで承認を必要とする(4)

承認制でない場合はすぐに投稿したコメントが表示されるのですが、承認制になっている場合はコメントが投稿されてもすぐには表示されません。

すべてのコメントで承認を必要とする(5)

-- --

では次にコメントを承認する方法について確認します。承認を行えるのはブログの管理者だけです。管理者で Blogger にログインしたあとで、 Blogger の管理画面左側に表示されている「コメント」をクリックしてください。

すべてのコメントで承認を必要とする(6)

表示されたサブメニューの中から「確認待ち」をクリックしてください。

すべてのコメントで承認を必要とする(7)

「保留中のコメント」画面が表示されます。承認待ちとなっているコメントの一覧が表示されます。

すべてのコメントで承認を必要とする(8)

コメントにマウスを合わせると「公開」「削除」「スパム」というメニューが表示されます。コメントを承認する場合は「公開」、承認せずにコメントを削除する場合は「削除」、スパムとして処理する場合は「スパム」をクリックしてください。

すべてのコメントで承認を必要とする(9)

それでは「公開」をクリックしてこのコメントを承認してみます。

すべてのコメントで承認を必要とする(10)

承認されたコメントは「保留中のコメント」画面には表示されなくなり「公開されているコメント」画面の方に表示されます。

すべてのコメントで承認を必要とする(11)

すべてのコメントで承認を必要とする(12)

-- --

それではあらためてブログへアクセスし記事をみてみます。すると投稿した直後は表示されていなかったコメントが、承認されたので表示されていました。

すべてのコメントで承認を必要とする(13)

すべてのコメントで承認を必要とする(14)

このようにすべてのコメントに対して承認が行われるまでは記事に表示されなくなります。

古い記事へのコメントには承認を必要とする

投稿したばかりの記事など最近の記事へ投稿されたコメントは承認なしで表示しますが、指定した日数よりも古い記事に対するコメントには承認を必要とすることができます。古い記事に対するスパム目的のコメントを防止する場合などに便利です。

古い記事に対するコメントで承認を必要とするには「コメントの管理」で「ときどき」を選択してください。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(1)

どれくらい前の投稿には承認を必要とするのかを指定できます。デフォルトでは 14 日となっていますが今回は 7 日に設定します。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(2)

設定が終わりましたら画面右上にある「設定を保存」をクリックしてください。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(3)

これですべてのコメントが承認が必要となりました。

-- --

それではブログにアクセスし、新しいコメントを投稿してみます。最初は今日の日付から 7 日以内の記事に対してコメントを投稿します。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(4)

コメントの本文を入力し「公開」をクリックするとコメントが投稿されます。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(5)

今回はコメントを投稿した記事が承認の対象ではないのでコメントを投稿するとすぐに表示されます。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(6)

次に今日の日付から 7 日以上前の記事に対してコメントを投稿します。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(7)

コメントの本文を入力し「公開」をクリックするとコメントが投稿されます。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(8)

今回はコメントを投稿した記事が指定した日数よりも古い記事でしたので承認が必要となる対象となっているため、コメントを投稿してもすぐには表示されません。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(9)

承認を行う手順は「すべてのコメントで承認を必要とする」の場合と同じです。承認待ちのコメントは「コメント」>「確認待ち」で表示される「保留中のコメント」画面に表示されていますので、ブログの管理者がコメントを承認して「公開」をクリックすれば記事にコメントが表示されます。

古い記事へのコメントには承認を必要とする(10)

このように新しい記事に対するコメントは承認なしですぐに表示しますが、指定した日よりも古い記事に対するコメントは承認が行われるまでは表示されないようにすることができます。

----

コメントを承認制にする手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。