Bloggerで独自ドメインを設定する

Blogger で作成したブログに対して独自ドメインの設定を行うことで、取得済みの独自ドメインを使った URL でアクセス出来るようにすることができます。ここでは Blogger で独自ドメインを設定する手順について解説します。

(2022 年 04 月 12 日公開 / 2022 年 06 月 10 日更新)

独自ドメインの設定手順

Blogger で作成したブログは「xxxxx.blogspot.com」のような URL で公開されています。「xxxxx」の部分はブログを作成するときに自分で指定できますが、「blogspot.ccom」の部分は固定です。

https://sanponokiroku.blogspot.com/

独自ドメインの設定手順(1)

このブログを自分で取得しているドメインを使って次のような URL でアクセスできるように設定します。

https://www.example.com/

それでは設定を行います。管理画面左側に表示されている「設定」をクリックしてください。

独自ドメインの設定手順(2)

「設定」画面が表示されます。

独自ドメインの設定手順(3)

「公開しています」ブロックの中にある「カスタムドメイン」をクリックしてください。

独自ドメインの設定手順(4)

ダイアログが表示されたら使用するドメイン名を入力してください。ドメイン名は example.com のようにドメインだけの URL は指定できません。例えば www.example.com や blog.example.com などのように取得済みのドメイン名にホスト名を付けた値を入力してください。入力が終わりましたら「保存」をクリックしてください。

独自ドメインの設定手順(5)

使用するドメインに対する DNS サーバの設定が行われていない場合「このドメインに対するあなたの所有権を証明できませんでした。」というエラーが表示され、 DNS サーバに設定する CNAME レコードの内容が表示されます。

独自ドメインの設定手順(6)

DNS サーバに設定すべき内容は次の通りです。〇の部分と▽の部分はドメインによって異なります。

www IN CNAME ghs.google.com
〇〇〇〇 IN CNAME gv-▽▽▽▽.dv.googlehosted.com

ご利用になるドメインで利用している DNS サーバで 2 つの CNAME レコードを記述してください。例えば Google Domains を利用している場合は次のようになります。

独自ドメインの設定手順(7)

DNS の設定が終わりましたら「保存」をクリックしてください。

独自ドメインの設定手順(8)

カスタムドメインの設定が完了しました。「カスタムドメイン」の下に先ほど設定した独自ドメインを使った URL が表示されます。

独自ドメインの設定手順(9)

これで独自ドメインを使った URL の設定は完了です。それでは設定した独自ドメインを使った http://www.example.com/ の URL へアクセスしてください。

独自ドメインの設定手順(10)

独自ドメインの設定手順(11)

ブログが表示されました。なお独自ドメインの設定を行うと、デフォルトで HTTPS が無効となります。有効にする場合はこのあとで解説する手順で設定を行ってください。

HTTPSを有効にする

カスタムドメインを有効にした場合、 HTTPS はデフォルトで無効となっています。 HTTPS を利用する場合は有効にする必要があります。

「設定」画面を表示したあと、「HTTPS」ブロックの中にある「HTTPSの使用」の右側にあるスイッチをクリックしてください。

HTTPSを有効にする(11)

有効にした直後は「ステータス:不明」と表示され、そのあとで「ステータス:処理中」に代わります。

HTTPSを有効にする(2)

HTTPSを有効にする(3)

しばらく待っていると「ステータス:使用可能」となります。これで HTTPS の有効化の設定は完了です。

HTTPSを有効にする(4)

それではブログを表示してみます。 https://www.example.com/ のように HTTPS を使用した URL でブログへアクセスしてください。

HTTPSを有効にする(5)

HTTPSを有効にする(6)

HTTPS を有効にしている状態でブログを表示することができました。

なお HTTPS を有効にすると自動的に HTTPS リダイレクトも有効となります。

HTTPSを有効にする(7)

そのため http://www.example.com/ へアクセスすると自動的に https://www.example.com/ へリダイレクトされます。

HTTPSを有効にする(8)

リダイレクトが不要の場合は「HTTPS リダイレクト」の右にあるスイッチをクリックして無効にしてください。

サブドメインなしのURLをサブドメインありのURLへリダイレクトする

Blogger では残念ながら www などのサブドメインが付かない https://example.com/ のような URL でブログへアクセスできるようにすることはできません。ただ、 https://example.com/ へアクセスがあった場合に https://www.example.com/ へリダイレクトすることはできます。

最初にご利用になるドメインで利用している DNS サーバへ次の 4 つの A レコードを追加してください。

IN A 216.239.32.21
IN A 216.239.34.21
IN A 216.239.36.21
IN A 216.239.38.21

例えば Google Domains を利用している場合は次のようになります。

サブドメインなしのURLをサブドメインありのURLへリダイレクトする(1)

「設定」画面を表示し、「公開しています」ブロックの中にある「カスタム ドメインにリダイレクトする」の右にあるスイッチをクリックしてください。

サブドメインなしのURLをサブドメインありのURLへリダイレクトする(2)

サブドメインなしの URL からサブドメインありの URL へリダイレクトが有効となりました。

サブドメインなしのURLをサブドメインありのURLへリダイレクトする(3)

それでは https://example.com/ のような URL へアクセスしてください。 https://www.example.com/ へリダイレクトされて表示されます。

サブドメインなしのURLをサブドメインありのURLへリダイレクトする(4)

元のURLから独自ドメインのURLへのリダイレクト

独自ドメインを使った URL を設定した場合、元々使用していた「https://(サブドメイン).blogspot.com/」から独自ドメインを使った URL へ自動的にリダイレクトが設定されます。その為、ブログの閲覧者の方が以前の URL へアクセスしたとしても自動的に新しい URL へリダイレクトされます。

それでは以前の URL でブログへアクセスしてください。現在設定されている独自ドメインを使った URL へリダイレクトされてブログが表示されました。

元のURLから独自ドメインのURLへのリダイレクト(1)

-- --

Blogger で独自ドメインを設定する手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。