ブログの閲覧を制限する(管理者と投稿者にだけ閲覧を許可する)

Blogger で作成したブログはデフォルトでは誰でも閲覧可能となっていますが、閲覧を制限して管理者と投稿者だけが閲覧できるように設定することができます。閲覧を制限した場合、ブログへアクセスすると Google アカウントのログイン画面が表示されて許可されたユーザーだけが閲覧可能となります。ここでは Blogger のブログで閲覧を制限する方法ついて解説します。

※ 読者にも閲覧を許可する方法については「読者を追加してブログの閲覧を許可する」を参照されてください。

(2022 年 04 月 12 日公開 / 2022 年 05 月 25 日更新)

ブログの閲覧を制限する

ブログを作成した時のデフォルトの設定は一般公開となっており誰でもブログを閲覧することができます。ブログを限定公開に変更したい場合には、 Blogger の管理画面左側に表示されている「設定」をクリックしてください。

ブログの公開範囲を設定する(1)

「設定」画面が表示されます。

ブログの公開範囲を設定する(2)

「権限」ブロックの中の「読者の権限」の箇所を見てください。デフォルトでは「一般公開」となっており、ブログは制限なしで誰でも閲覧できる状態です。ブログの公開範囲を変更する場合は「読者の権限」の部分をクリックしてください。

ブログの公開範囲を設定する(3)

「読者の権限」を設定する画面が表示されます。

ブログの公開範囲を設定する(4)

「一般公開」は先ほども書きましたが制限なしで誰でもブログを閲覧できます。「投稿者に限定公開」を選択した場合はブログに追加されている管理者または投稿者だけが閲覧できます。「特定の読者」を選択した場合は管理者と投稿者に加えて追加済みの読者も閲覧が行えます。

今回は「投稿者に限定公開」を選択します。「読者の権限」を設定する画面で「投稿者に限定公開」を選択してください。選択が終わりましたら「保存」をクリックしてください。

投稿者に限定公開する(1)

「読者の権限」が「投稿者に限定公開」に設定されました。

投稿者に限定公開する(2)

それではブログへアクセスしてください。すると Google アカウントのログイン画面が表示されます。

投稿者に限定公開する(3)

ブログの管理者または投稿者として追加されているユーザーの Google アカウントでログインすれば、ブログを閲覧することができます。今回は投稿者として登録されているユーザーの Google アカウントでログインしてみました。

投稿者に限定公開する(4)

ログインが完了するとブログが表示されました。このようにブログに管理者または投稿者として追加されているユーザーであれば、ブログを閲覧することができます。

管理者または投稿者以外のユーザーがアクセスした場合

管理者または投稿者以外のユーザーが閲覧しようとした場合にどうなるのかを確認します。ブログへアクセスしてください。先ほどと同じように Google アカウントのログイン画面が表示されます。

投稿者に限定公開する(6)

今度はブログの管理者でも投稿者でもない Google アカウントでログインしてみます。すると「このブログは招待された閲覧者のみに公開されています」「このブログの読者として招待されていません。ブログの所有者に招待をリクエストしてください。」と表示されてブログを表示することができませんでした。

投稿者に限定公開する(7)

このように Google アカウントを持っていたとしても、ブログの管理者または投稿者として登録されている Google アカウントでなければブログを閲覧することはできません。

----

Blogger のブログで閲覧を制限する方法ついて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。