記事を下書きとして保存する

広告

記事を作成したけれどまだ投稿は行わない場合や、あとで完成させるために記事の一部だけを作成した場合などに、作成した記事を下書きとして保存しておくことができます。下書きとして保存された記事は非公開のため他のユーザーに見られることはありません。あとから記事を編集して投稿したり再び下書きとして保存することができます。ここでは記事を下書きとして保存する方法について解説します。

Bloggerにおける下書きの自動保存

Blogger では記事の作成中に一定時間毎に自動的に記事を下書きとして保存します。下書きは上書きで保存されていくので 1 つの記事に対する下書きは 1 つだけです。

例えば新しい記事を作成し、次のようにタイトルや本文を入力したとします。

Bloggerにおける下書きの自動保存(1)

しばらくそのまま見ていると一定期間毎に右上の「保存」と書かれているボタンの部分が「保存しています...」という表示に変わります。この時に記事が自動で下書きとして保存されています。

Bloggerにおける下書きの自動保存(2)

確認するために記事の作成途中ですが画面左上に表示されているブログのタイトルをクリックしてください。

Bloggerにおける下書きの自動保存(3)

「投稿」画面が表示されて投稿済みの記事の一覧が表示されます。この中に作成中の記事が下書きとして保存されたものが含まれています。(下書きの記事は記事タイトルの右側に「下書き」と表示されています)。

Bloggerにおける下書きの自動保存(4)

このように Blogger では作成途中の記事を自動で下書きとして保存していますので、急にブラウザが閉じてしまうようなアクシデントがあった場合でも下書きを利用して再び記事を作成することができます。

記事を手動で下書きとして保存する

Blogger では自動で作成途中の記事を下書きとして保存してくれるので普段あまり気にする必要はないのですが、手動で現在の内容を下書きに保存したい場合には記事の作成画面右上に表示されている「保存」をクリックしてください。

記事を手動で下書きとして保存する(1)

自動で保存されるときと同じように「保存しています...」と一瞬表示されて作成中の記事が下書きに上書き保存されます。

記事を手動で下書きとして保存する(2)

自動で保存されるときも手動で保存するときも下書きとして保存されるものは 1 つだけです。

-- --

下書きの記事は非公開ですので、ブログへアクセスしても表示されません。実際にブログを表示してみても下書きの記事は表示されていません。

記事を手動で下書きとして保存する(3)

下書きの編集と投稿

下書きとして保存した記事は、あとから編集を再開することができます。下書きを編集するには画面左側の「投稿」をクリックしてください。

下書きの編集と投稿(1)

「投稿」画面が表示されてすべての記事の一覧が表示されます。一覧には投稿済みの記事と下書きの記事の両方が含まれます。

下書きの編集と投稿(2)

編集を行いたい記事のタイトルにマウスを合わせてください。メニューが表示されるので「編集」をクリックしてください。

下書きの編集と投稿(3)

記事の編集画面が表示されました。

下書きの編集と投稿(4)

下書きの記事を編集して、再び下書きとして保存することもできますし、記事を投稿して公開することもできます。今回は本文に少し加筆したあとで投稿することにしました。画面右上の「公開」をクリックしてください。

下書きの編集と投稿(5)

下書きの編集と投稿(6)

記事が投稿されました。記事の投稿が終わると管理画面の「投稿」画面が表示されます。下書きとして保存されていた記事が投稿されると、下書きは削除されて投稿された記事が「投稿」画面の記事一覧に表示されます。

下書きの編集と投稿(7)

ブログを表示して確認してみると、先ほど投稿した記事がブログに掲載されていることが確認できます。

下書きの編集と投稿(8)

投稿済みの記事を下書きに戻す

投稿されて公開された記事であっても、あとから下書きに戻すことができます。下書きに戻すには、まず管理画面の左側にある「投稿」をクリックしてください。

投稿済みの記事を下書きに戻す(1)

「投稿」画面が表示されます。これまでに投稿した記事および下書きとして保存されている記事の一覧が表示されます。

投稿済みの記事を下書きに戻す(2)

下書きに戻したい記事の先頭に表示されているチェックボックスをチェックしてください。その後で上部にある「下書きに戻す」をクリックしてください。

投稿済みの記事を下書きに戻す(3)

該当の記事が下書きに戻りました。

投稿済みの記事を下書きに戻す(4)

ブログを表示して確認してみると、下書きに戻った記事は公開されていないことが確認できます。

投稿済みの記事を下書きに戻す(5)

-- --

記事を下書きとして保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。