記事を下書きとして保存する

広告
eyecatch

記事を作成したけれどまだ投稿は行わない場合や、あとで完成させるために記事の一部だけを作成した場合などに、作成した記事を下書きとして保存しておくことができます。下書きとして保存された記事は他のユーザーに見られることはありませんし、あとから記事を編集して投稿したり再び下書きとして保存することができます。ここでは記事を下書きとして保存する方法について解説します。

記事を下書きとして保存する

最初に記事を作成します。

p2-1

Bloggerは記事を作成していると一定時間毎に記事が下書きとして自動的に保存されていきます。そのため、特に何もしなくても書きかけの記事は下書きとして保存されています。1つの記事につき作成できる下書きは1つだけなので、絶えず上書きで保存されていきます。

比較的短い間隔で自動保存されるのであまり気にする必要はないのですが、明示的に現在の内容を下書きに保存したい場合には画面右上に表示されている「保存」をクリックしてください。

p2-2

記事を作成したあと記事を投稿すると下書きは削除されて投稿済みの記事として保存されます。記事を作成したあと投稿せずに記事の作成画面を閉じると記事は(自動的に保存された)下書きがそのまま残ります。今回は記事を投稿せずに画面右上に表示されている「閉じる」をクリックしてみます。

p2-3

記事の作成画面が閉じて「すべての投稿」画面が表示されます。

p2-4

「すべての投稿」画面では公開済みの記事と下書きとして保存された記事がまとめて表示されています。下書きの記事は「下書き」と赤い文字で表示がされており、公開済みの記事と区別がつくようになっています。

p2-5

なお下書きとして保存されている記事の一覧だけを確認したい場合には、画面左側の「投稿」メニューの中の「下書き」メニューをクリックしてください。

p2-6

下書きだけの記事一覧が表示されます。

p2-7

-- --

それでは確認のためにブログを表示してみます。

p2-8

ブログには公開済みの記事だけが表示されて、下書きとして保存されている記事はブログには表示されないことが確認できました。

下書きの編集と公開

下書きとして保存した記事は、後からあらためて編集することができます。下書きを編集するには画面左側の「投稿」メニューをクリックしてください。

p2-9

「すべての記事」の画面が表示され、公開済みの記事と下書きの記事の一覧が表示されます。

p2-10

記事一覧の中から編集したい下書きの記事にマウスをあわせてください。いくつかのメニューが表示されますので、その中から「編集」をクリックしてください。

p2-11

記事の編集画面が表示されました。

p2-12

最初に記事を作成したときと同じ状態ですので、一定時間ごとに編集された内容は下書きに自動保存されていきます。「公開」をクリックすれば記事は投稿され、「閉じる」をクリックすれば記事は下書きとして保存された状態となります。

-- --

では下書きの編集画面がから記事を投稿してみます。少し本文に追加を行ったあとで、画面右上の「公開」をクリックします。

p2-13

記事が投降されました。画面は「すべての投稿」画面が表示されていますが、下書きとして保存されていた記事は削除されて、代わりに公開済みの記事が一覧に表示されています。

p2-14

それでは確認のためにブログを表示してみます。

p2-15

ブログに先ほど投稿して公開した記事も表示されていることが確認できました。

投稿済みの記事を下書きに戻す

一度投稿された記事であっても下書きに戻すことができます。下書きに戻すには画面左側の「投稿」メニューをクリックして「すべての投稿」画面を表示してください。

p2-16

下書きに戻したい記事にチェックを行い、そのあとで「下書きに戻す」をクリックしてください。

p2-17

チェックを行った記事が下書きに戻りました。

p2-18

または下書きに戻したい投稿済みの記事の編集画面を表示し、画面右上に表示されている「下書きに戻す」をクリックしても下書きに戻すことができます。

p2-19

なお一度投稿した記事は投稿した時の日付を保持しています。下書きに戻したあとで改めて投稿した場合でも投稿日時は最初に投稿した時のままです。(手動で変更することはできます)。

-- --

Bloggerで記事を下書きとして保存する方法、そして下書きを編集したり投稿した記事を下書きに戻す方法などについて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)