Window Sizerの使い方 ~Chromeの画面サイズを指定の大きさに設定する~

広告

Window SizerはChrome拡張機能の一つで、画面サイズをあらかじめ登録しておいたサイズにボタン一つで変更することができます。ここではWindow Sizerのインストール方法と実際の使い方について解説します。

1.Window SizerをChromeに追加する
2.画面サイズを変更する
3.画面サイズの設定を変更する
4.Window Sizerを削除する

Chrome ウェブストアの拡張機能のページへアクセスして下さい。

p1-1

画面左上の検索ボックスで「Window Sizer」を検索して下さい。

p1-2

検索結果の中で次の「Window Sizer」をクリックして下さい。

p1-3

拡張機能の説明等を見て頂き、問題なさそうであれば「CHROMEに追加」をクリックして下さい。

p1-4

確認画面が表示されますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

p1-5

拡張機能がChromeに追加されました。

p1-6

※ なお画面サイズを変更するChrome拡張機能として「Window Resizer」が有名でしたが、2014年に次のようなトラブルがあり一時期使用できなくなっていました。現在は再登録されているようですが今回は別の拡張機能を利用しています。

それでは使い方を見ていきます。Window Sizerを追加するとChromeの画面右上に次のようなアイコンが表示されます。

p1-7

アイコンをクリックするとあらかじめ登録された7つの画面サイズが表示されます。

p1-8

設定したい画面サイズをクリックして下さい。

p1-9

Chromeのサイズが指定したサイズに変更されます。

p1-10

※ 注意点として例えば先ほどのサイズをクリックした場合「Window 1024x768、ViewPort 1008x675」に変更されたと表示されるのですが、「ViewPort 1008x675」の方はあっていますが「Window 1024x768」の方は微妙に違うサイズになります。デザイン等によるのかもしれませんけど、差分は一定なので正しいサイズになるようにあらかじめ設定するサイズを変更しておいて下さい(変更方法はあとで説明します)。

p1-11

このようにクリックするだけであらかじめ設定しておいた画面サイズに簡単に変更することができます。

7つの画面サイズがあらかじめ設定されていますが、サイズを変更することもできます。変更したいサイズにマウスを合わせた時に右側に表示される鉛筆アイコンをクリックして下さい。

p1-12

名前とサイズ(Windowサイズ)を変更することができるようになります。

p1-13

名前やサイズを変更した場合は右側に表示されているチェックマークをクリックして下さい。

p1-14

登録されている名前やサイズが変更されました。

p1-15

-- --

また必要ないサイズは削除することもできます。先ほどと同じように削除したいサイズにマウスを合わせ、右側に表示された鉛筆アイコンをクリックして下さい。

p1-16

右側に表示されたゴミ箱アイコンをクリックして下さい。

p1-17

該当のサイズが削除されました。

p1-18

なお右上に表示されている「New Size」をクリックすると新しいサイズを追加することもできます。

p1-19

拡張機能が不要になった場合はChromeから削除することができます。削除するにはWindow Sizerのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの中から「拡張機能を管理」をクリックして下さい。

p1-20

追加されている拡張機能の一覧が表示されますので、Window Sizerの右側に表示されているゴミ箱アイコンをクリックして下さい。

p1-21

確認画面が表示されますので「削除」をクリックして下さい。

p1-22

Window Sizerが削除されました。

p1-23

-- --

Google Chromeの画面サイズを簡単に変更することができるChrome拡張機能のWindow Sizerについて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )