Personal Blocklistの使い方 ~Googleの検索結果に指定のサイトを表示しないようにする~

広告

Personal BlocklistはGoogle社が提供するChrome拡張機能の一つで、Googleの検索結果に指定のサイトを表示しないようにすることができます。ここではPersonal Blocklistのインストール方法と実際の使い方について解説します。

1.Personal BlocklistをChromeに追加する
2.検索結果の画面からサイトをブロックする
3.ブロックを一時的に解除する
4.ブロックしたサイトを解除する
5.ブロックサイトのインポートとエクスポート
6.現在表示しているサイトをブロックする

Chrome ウェブストアの拡張機能のページへアクセスして下さい。

p2-1

画面左上の検索ボックスで「Personal Blocklist」を検索して下さい。

p2-2

検索結果の中で次の「Personal Blocklist (by Google)」をクリックして下さい。

p2-3

拡張機能の説明等を見て頂き、問題なさそうであれば「CHROMEに追加」をクリックして下さい。

p2-4

確認画面が表示されますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

p2-5

拡張機能がChromeに追加されました。

p2-6

それでは実際にサイトをブロックしてみます。Googleで何か検索を行ってみて下さい。

p2-7

各検索結果の下に「xxxをブロック」というリンクが表示されます。

p2-8

検索結果に表示されたくないサイトがあった場合にはこのリンクをクリックして下さい。今回は例として一番上のサイトについてクリックしてみます。

p2-9

ブロックしたサイトが検索結果に表示されなくなりました。

p2-10

Personal Blocklistの機能によって検索結果に表示されていない結果がある場合は、検索結果の一番下に次のように「Personal Blocklist 拡張機能によって一部の検索結果が除外されています。」と表示がされます。

p2-11

このように検索結果から簡単にサイトをブロックすることができます。ブロックしたサイトは他のキーワードで検索した場合でも検索結果には表示されなくなります。

検索結果に表示されなくなるのは、自分がサイトをブロックしたChromeで検索した場合だけです。他の利用者が同じキーワードで検索した結果には何も影響はなく、通常通り検索結果に表示されます。
検索結果に表示されなくなるだけで、直接URLを指定したり他の検索エンジンで検索した結果をクリックした場合には、対象のサイトは普通に表示されます。

Personal Blocklistの機能によって検索結果に表示されていないサイトがある場合には画面一番下に「Personal Blocklist 拡張機能によって一部の検索結果が除外されています。」と表示がされますが、この横にある「表示」をクリックするとブロックされて表示されていない検索結果が表示されます。

p2-12

ブロックされている検索結果が一時的に表示されました。背景の色が変えて表示されるので、どの検索結果が一時的に表示されているのか分かりやすくなっています。(一時的に解除されるだけでブロックは継続されます)。

p2-13

現在Personal Blocklistを使ってブロックしているサイトを編集したり削除したりするには、Chromeの右上に表示されているPersonal Blocklistのアイコンをクリックして下さい。

p2-14

現在ブロックしているサイトの一覧が表示されます。

p2-15

ブロックしているサイトを解除するには「ブロックを解除」をクリックして下さい。

p2-16

ブロックが解除されました。解除した直後は再びブロックするための「ブロック」というリンクが表示されています。

p2-17

解除した直後は再び同じサイトをブロックするための「ブロック」というリンクが表示されていますが、もう一度開きなおすと表示されなくなります。

p2-18

現在ブロックしているサイトをエクスポートしたり、逆に別途用意したサイトのリストをまとめてインポートしたりすることができます。エクスポートするにはChromeの右上に表示されているPersonal Blocklistのアイコンをクリックして表示された画面で、「エクスポート」をクリックして下さい。

p2-19

現在ブロックしているサイトの一覧が表示されますので、コピーして下さい(ファイルに出力するような機能はないようなのでコピーしたものを別途テキストファイルなどにペーストして保存して下さい)。

p2-20

-- --

インポートするには同じように「インポート」をクリックして下さい。

p2-21

ブロックするサイトをインポートする画面が表示されます。ブロックしたいサイトを手動で入力するか、別途保存しておいたファイルなどからコピーして下さい。

p2-22

入力が終わりましたら「インポート」をクリックして下さい。

p2-23

ブロックするサイトへのインポートが完了します。

p2-24

サイトをブロックする場合、Googleの検索結果からだけではなく対象のサイトを表示している時にブロックすることもできます。ブロックしたいサイトを表示して下さい。

p2-25

Chromeの右上に表示されているPersonal Blocklistのアイコンをクリックして表示された画面で、「現在表示中のドメイン/ホストをブロック: xxx」をクリックして下さい。

p2-26

現在表示しているサイトがブロックリストに追加されました。

p2-27

-- --

Googleの検索結果に表示したくないサイトを指定することができるChrome拡張機能のPersonal Blocklistについて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )