Video Speed Controllerの使い方 ~YouTubeなどHTML5ビデオの動画再生速度を細かくコントロールする~

広告

Video Speed ControllerはChrome拡張機能の一つで、YouTubeなどのHTML5ビデオの動画再生速度を細かくコントロールすることができます。ここではVideo Speed Controllerのインストール方法と実際の使い方について解説します。

1.Video Speed ControllerをChromeに追加する
2.再生速度をコントロールする
3.ショートカットキーを使う
4.アクション毎の再生速度の増減量を変更する
5.Video Speed Controllerの利用できるサイト

Chrome ウェブストアの拡張機能のページへアクセスして下さい。

p3-1

画面左上の検索ボックスで「Video Speed Controller」を検索して下さい。

p3-2

検索結果の中で次の「Video Speed Controller」をクリックして下さい。

p3-3

拡張機能の説明等を見て頂き、問題なさそうであれば「CHROMEに追加」をクリックして下さい。

p3-4

確認画面が表示されますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

p3-5

拡張機能がChromeに追加されました。

p3-6

それでは実際に再生毒度を調整してみます。YouTubeにアクセスし、再生を行ったあと動画にマウスを合わせて下さい。

p3-7

動画の画面左上に次のような表示がされます。表示されている「1.0」は再生速度を表しており現在1.0倍で再生されています。

p3-8

表示されたものにさらにマウスを合わせると再生速度を調整するためのコントローラーが表示されます。

p3-9

「+」を1回クリックすると再生速度が0.1早くなり再生速度が「1.1」に変わります。もう一度クリックすると「1.2」となります。下記は3回クリックして再生速度を「1.3」にしました。

p3-10

「-」を1回クリックすると再生速度が0.1遅くなります。再生速度が1.0の状態から2回クリックすると再生速度は「0.8」になります。

p3-11

「>>」をクリックすると10秒分再生位置が進みます。「<<」をクリックすると10秒分再生位置が戻ります。

p3-12

「X」をクリックするとコントローラーが表示されなくなります。(再表示するにはリロードして下さい)。

p3-13

このように再生速度を0.1単位で早くしたり遅くしたりすることができ、また10秒単位で再生位置を前後に移動させることができます。

再生速度をコントロールするためのショートカットキーも用意されています。

Z 10秒戻る
X 10秒進む
R 再生速度をリセットして1.0に戻す
S 再生速度を0.1遅くする
D 再生速度を0.1早くする
V コントローラーの表示と非表示を切り替える

例えばキーボードで「D」をクリックするのはコントローラーで「+」をクリックするのと同じです。なお割り当てるキーは次で解説する設定画面で変更できます。

デフォルトでは再生速度は0.1単位で増減させることができますが、この量を変更することができます。Chromeの画面右上に表示されているVideo Speed Controllerのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「Settings」をクリックして下さい。

p3-14

Video Speed Controllerの設定画面が表示されます。

p3-15

設定画面ではショートカットキーの割り当てを変更する部分と再生時間の増減量を変更する部分に分かれます。また拡張機能を自動的に無効にするサイトを指定することもできます(拡張機能が有効になっていると不具合が出るサイトを登録して下さい)。

p3-16

今回は「>>」や「<<」をクリックすると20秒進んだり戻ったりするようにしました。また「+」や「-」をクリックした時に0.15だけ再生速度が速くなったり遅くなったりします。設定を変更した場合は「Save」をクリックして下さい。変更内容が反映されます。

p3-17

それでは「+」を一回クリックしてみます。再生速度が0.15増えて「1.15」になりました。

p3-18

2017年3月時点での情報です。YouTubeについては問題なく利用できました。Amazonプライム・ビデオに関してはコントローラーは表示されるのですがクリックすると再生が止まってしまうためコントローラーの操作はできませんでした。ただショットカットキーを使って再生速度を早くしたり遅くしたりは可能でした。10秒進めたり遅らせたりもできるようですが、いったん停止してしまいます。

p3-19

Netflixについてはコントローラー上の操作も可能で再生速度を早くしたり遅くしたりすることはできましたが、10秒進めせたり遅らせたりするとエラーが発生してしまいました。

p3-20

-- --

YouTubeなどのHTML5ビデオの再生速度を細かくコントロールすることができるChrome拡張機能のVideo Speed Controllerについて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )