Dropboxで2段階認証を有効にする

広告

Dropboxではセキュリティ向上のためにログイン時に2段階認証を利用することができます。2段階認証が有効になっているとログインの際にメールアドレスとパスワードの他にセキュリティキーの入力が必要となります。ここではDropboxで2段階認証を有効にする手順を解説します。

広告

Dropboxへログインして下さい。

p1-1

画面右上に表示されている名前の箇所をクリックし、表示されたメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p1-2

「設定」画面が表示されます。「セキュリティ」タブをクリックし、「2 段階認証」のブロックにある「クリックして有効にする」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-3

次のようなダイアログが表示されます。「スタート」をクリックして下さい。

p1-4

Dropboxのログイン用パスワードを入力し「次へ」をクリックして下さい。

p1-5

2段階認証のセキュリティコードを受け取る方法を選択します。テキストメッセージを受信する方法とモバイルアプリを使用する方法の二通りがあります。それぞれの方法を試してみます。

最初にテキストメッセージを使ってセキュリティコードを受け取る場合です。「テキストメッセージを使用」を選択します。選択が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-6

テキストメッセージを受け取る携帯電話番号を入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-7

入力した電話番号へテキストメッセージが送信されました。受信したメッセージに記載されている6桁の数字を入力し「次へ」をクリックして下さい。

p1-8

予備の携帯電話がある場合は登録しておくこともできます。今回は登録しません。「次へ」をクリックして下さい。

p1-9

セキュリティコードを受け取れない時に使用できるバックアップコードが10個表示されます。このコードはそれぞれ1回だけ使用することができます。コピーしてメモしておいて下さい。「2段階認証を有効にする」をクリックして下さい。

p1-10

2段階認証が有効になりました。次回ログインする時はメールアドレスとパスワードに加えてセキュリティコードの入力が必要となります。

p1-11

2段階認証が有効になった後で、「設定」画面の「セキュリティ」タブを表示すると次のように表示されます。

p1-12

次にセキュリティコードをモバイルアプリで受け取る場合です。「モバイルアプリを使用」を選択します。選択が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-13

使用できるモバイルアプリとしてヘルプページには次の4つが紹介されています。

Google Authenticator(Android/iPhone/BlackBerry)
Duo Mobile(Android/iPhone)
Amazon AWS MFA(Android)
Authenticator(Windows Phone 7)

今回は「Google Authenticator」を使用します(アプリのスマートフォンへのインストール方法は今回省略します)。アプリを起動し、画面に表示されたバーコードをスキャンして下さい。スキャンが終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-14

認証アプリでDropbox用のセキュリティコードが表示されています(定期的に数字は切り替わっていきます)。

p1-15

アプリで表示されているセキュリティコードを画面に入力し「次へ」をクリックして下さい。

p1-16

予備の携帯電話がある場合は登録しておくこともできます。今回は登録しません。「次へ」をクリックして下さい。

p1-17

セキュリティコードを受け取れない時に使用できるバックアップコードが10個表示されます。このコードはそれぞれ1回だけ使用することができます。コピーしてメモしておいて下さい。「2段階認証を有効にする」をクリックして下さい。

p1-18

2段階認証が有効になりました。次回ログインする時はメールアドレスとパスワードに加えてセキュリティコードの入力が必要となります。

p1-19

2段階認証が有効になった後で、「設定」画面の「セキュリティ」タブを表示すると次のように表示されます。

p1-20

-- --

Dropboxの2段階認証を有効にする手順について解説しました。

Dropboxの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)