フィルタのインポートとエクスポート

広告
eyecatch

作成したフィルタはエクスポートして保存することができます。またエクスポートしたフィルタをインポートして保存されたフィルタを追加することもできます。ここではフィルタのインポートとエクスポートの設定方法について解説します。

フィルタをエクスポートする

作成済のフィルタをエクスポートする方法です。Gmailの画面右上に表示されている歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p11-1

「設定」画面が表示されます。

p11-2

「フィルタとブロック中のアドレス」タブをクリックして下さい。

p11-3

現在作成済のフィルタの一覧が表示されます。

p11-4

エクスポートしたいフィルタにチェックを行って下さい。チェックが終わりましたら「エクスポート」をクリックして下さい。

p11-5

フィルタのエクスポートが行われ「mailFilters.xml」というファイル名で保存されます。保存されたファイルの中身は次のようになっていました。

<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" xmlns:apps="http://schemas.google.com/apps/2006">
<title>Mail Filters</title>
<id>
tag:mail.google.com,2008:filters:7357165305661928306,931359046969477829
</id>
<updated>2018-12-10T17:11:35Z</updated>
<author>
<name>山田太郎</name>
<email>buzzwriter.zz@gmail.com</email>
</author>
<entry>
<category term="filter"/>
<title>Mail Filter</title>
<id>tag:mail.google.com,2008:filter:931359046969477829</id>
<updated>2018-12-10T17:11:35Z</updated>
<content/>
<apps:property name="subject" value="会議"/>
<apps:property name="label" value="仕事関係"/>
<apps:property name="sizeOperator" value="s_sl"/>
<apps:property name="sizeUnit" value="s_smb"/>
</entry>
<entry>
<category term="filter"/>
<title>Mail Filter</title>
<id>
tag:mail.google.com,2008:filter:7357165305661928306
</id>
<updated>2018-12-10T17:11:35Z</updated>
<content/>
<apps:property name="from" value="user@example.com"/>
<apps:property name="shouldStar" value="true"/>
<apps:property name="sizeOperator" value="s_sl"/>
<apps:property name="sizeUnit" value="s_smb"/>
</entry>
</feed>

フィルタをインポートする

次に保存されたフィルタをインポートします。エクスポートしたGmailアカウントとは別のGmailのアカウントでインポートしてみます。エクスポートとした時と同じ手順で「設定」画面の中の「フィルタとブロック中のアドレス」タブを表示して下さい。

p11-6

このアカウントでは現在1つのフィルタが作成されています。それではフィルタのインポートを行います。「フィルタをインポート」をクリックしてください。

p11-7

フィルタのインポートに関する表示が画面に行われます。「ファイルを選択」をクリックして下さい。ファイルダイアログが開きますので、あらかじめ保存しておいたフィルタのファイルを選択して下さい。

p11-8

ファイルの選択が終わりましたら次に「ファイルを開く」をクリックして下さい。

p11-9

読み込んだフィルタが画面に表示されます。インポートするフィルタを選択します。不要なフィルタのチェックを外して下さい。またフィルタを既存のメールにも適用する場合には「既存のメールに新しいフィルタを適用する。」にチェックをして下さい。設定が終わりましたら「フィルタを作成」をクリックして下さい。

p11-10

フィルタのインポートが完了しました。

p11-11

なお転送設定を行うフィルタの場合、転送先メールアドレスは事前に登録が必要です。転送を行うフィルタをインポートしようとしても、インポートするアカウントでフィルタで設定されている転送先のメールアドレスが登録されていないとインポートする時点でエラーとなります。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。