ラベル毎にラベルリストに表示するか非表示にするのかを設定する

広告
eyecatch

Gmailでは画面左側にラベルの一覧が表示される場所がありラベルリストと呼んでいます。ここではラベル毎にラベルリストに最初から表示するか、それとも「もっと見る」をクリックされたあとに表示するのかについて設定する方法を解説します。

ラベルリストとは

ラベルリストとはGmailの画面左側にあるラベルの一覧が表示される場所です。現在は「受信トレイ」や「下書き」の他に自分で作成したラベルが表示されています。

p2-1

他のラベルを表示するには「もっと見る」をクリックしてください。

p2-2

全てのラベルが一時的にGmailの画面左側に表示されました。最初の状態に戻すには「折りたたむ」をクリックすると戻すことができます。

p2-3

このようにラベルリストには最初からラベル名が表示されているものと。「もっと見る」をクリックして初めて表示されるものがあります。今回はラベル毎に最初から表示するかどうかについて設定する手順をこのあと解説します。

自分で作成したラベルをラベルリストに表示するかどうかを設定する

ラベルは「受信トレイ」などのようにあらかじめ作成されているシステムラベルと、自分が作成したラベルがあります。最初に自分が作成したラベルをラベルリストに最初から表示するかどうか設定します。

自分で作成したラベルはデフォルトでラベルリストに表示されます。

p2-4

ラベルリストに表示されないようにするには、該当のラベルにマウスをあわせ、表示された次のアイコンをクリックしてください。

p2-5

現在「ラベルリスト」については「表示する」にチェックマークが入っています。「ラベルリスト」の中の「表示しない」をクリックしてください。

p2-6

「友達」ラベルがラベルリストに表示されなくなりました。

p2-7

ラベルリストに最初から表示しないように設定しても、「もっと見る」をクリックすると表示することができます。

p2-8

p2-9

-- --

自分で作成したラベルを再びラベルリストに表示するように設定するには、先ほどと同じ手順でラベルにマウスをあわせ。表示されたアイコンをクリックし、「ラベルリスト」の中の「表示する」をクリックしてください。

p2-10

「友達」ラベルがラベルリストに表示されるようになりました。

p2-11

システムをラベルリストに表示するかどうかを設定する

システムラベルをラベルに表示するかどうかの設定は、自分で作成したラベルとは別の手順が必要となります。画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックしてください。

p2-12

「設定」画面が表示されます。

p2-13

「ラベル」タブをクリックしてください。

p2-14

「ラベルの管理」画面が表示されます。

p2-15

画面上部に「システムラベル」の各ラベルをラベルリストに表示するかどうかの設定個所があります。

p2-16

「システムラベルの中でも「受信トレイ」は特別で必ず表示されます。それ以外のラベルについては現在黒字で表示されている方が現在の状態となっています。例えば「スター付き」や「送信済み」はラベルリストに表示する設定となっており、「重要」や「迷惑メール」は非表示となっています。

p2-17

-- --

現在ラベルリストに表示になっているラベルを非表示にするには、該当のラベルに表示されている「非表示」をクリックしてください。例として「送信済み」を非表示にしてみます。

p2-18

「送信済み」ラベルがラベルリストに非表示になりました。設定はすぐに反映されます。

p2-19

ラベルリストを確認してみると「送信済み」ラベルがラベルリスト表示されていないことが確認できました。

p2-20

-- --

逆に現在ラベルリストに非表示になっているラベルを表示にするには、該当のラベルに表示されている「表示」をクリックしてください。例として「ゴミ箱」を表示にしてみます。

p2-21

「送信済み」ラベルがラベルリストに非表示になりました。設定はすぐに反映されます。

p2-22

ラベルリストを確認してみると「ゴミ箱」ラベルがラベルリスト表示されていることが確認できました。

p2-23

-- --

なお「ラベルの管理」画面では自分が作成したラベルに関してもラベルリストに表示するかどうかの設定を行うことができます。

p2-24

「未読の場合は表示」の使い方

自分で作成したラベルやシステムラベルの中でも「下書き」と「迷惑メール」には「表示」「非表示」の他に「未読の場合は表示」という選択肢があります。

p2-25

「未読の場合は表示」に設定された場合、そのラベルが付けられたメーるの中で未読のメールがある場合だけラベルリストにラベルが表示されます(下書きの場合は下書きとして保存されたメールがある場合にラベルリストに表示されます)。普段は表示されていないけれど、未読のメールがあるときだけラベルリスト上に表示されて確認することができます。

では実際に試してみます。例として「下書き」ラベルの「未読の場合は表示」に設定しました。

p2-26

現在「下書き」として保存されている未読のメールはないため、ラベルリストには「下書き」ラベルが表示されていません。

p2-27

それでは新しい記事を作成し、下書きとして保存してみます。

p2-28

下書きとして保存されたメールが作成されたので、ラベルリスト上に「下書き」ラベルが表示されました。

p2-29

下書きを削除すると、下書きとして保存されているメールがゼロとなるため「下書き」ラベルがラベルリストに表示されなくなりました。

p2-30

-- --

ラベルリストにどのラベルを表示するのかを設定する手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。