アラートの配信時間の指定と複数のアラートをまとめて配信

広告
eyecatch

Google アラートでは作成したアラートをいつ配信するのかや、複数のアラートを1つのメールにまとめて配信するダイジェスト機能の有効/無効の切り替えが設定できます。これらは同じアカウント全体で共通する設定です。ここではアラートの配信時間の指定と複数のアラートをまとめて配信する設定について解説します。

アラートの配信時間の設定する

最初にアラートの配信時間の設定です。設定を行うには Google アラートのホーム画面で、「マイアラート」の右側に表示されている歯車アイコンをクリックしてください。

アラートの配信時間の設定する(1)

Google アラート全体の設定画面が表示されます。

アラートの配信時間の設定する(2)

アラートの配信時間の指定を行う場合は「配信時間」にチェックをして下さい。時間を選択するためのドロップダウンメニューが表示されます。

アラートの配信時間の設定する(3)

ドロップダウンメニューをクリックし、配信時間を選択して下さい。それではそれぞれの設定方法について確認していきます。

アラートの配信時間の設定する(4)

設定が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。設定した内容が反映されます。

アラートの配信時間の設定する(4)

アラートの配信時間の設定はこれで完了です。

ダイジェスト配信を設定する

複数のアラートを作成している場合、それぞれのアラート毎にメールが送信されてきます。複数のアラートをまとめて 1 つのメールで受け取りたい場合はダイジェストを有効にします。 Google アラート全体の設定画面で「ダイジェスト」にチェックをして下さい。「頻度」と「配信先」を設定するメニューが表示されます。

ダイジェスト配信を設定する(1)

「頻度」は「1日1回以下」か「1週間に1回以下」のどちらかを選択します。ダイジェストで送信する場合は「その都度」は選択できません。

ダイジェスト配信を設定する(2)

「配信先」はメールアドレスのみ選択できます。ダイジェストで送信する場合は RSS フィードへの配信は選択できません。

ダイジェスト配信を設定する(3)

設定が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。設定した内容が反映されます。

ダイジェスト配信を設定する(4)

ダイジェスト配信が有効になっている場合は作成済みの全てのアラートが含まれるメールだけが送信されます。個々のアラートについてはメールは配信されません。

----

アラートの配信時間の指定と複数のアラートをまとめて配信する設定について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。