検索キーワードでの演算子の使い方

広告

Googleアラートで設定する検索キーワードにはGoogleで検索する場合と同じ演算子を使用することができます。ここでは検索キーワードでの演算子の使い方について解説します。

1.完全一致検索
2.除外キーワード
3.サイトの指定
4.OR検索

Google検索で使用できる演算子は次のヘルプページで紹介されています。

p7-1

いくつかの演算子について使い方をご紹介します。

最初は完全一致検索です。単語や語句をダブルクオーテーションで囲います。検索結果には完全に一致した単語や語句が含まれるページが表示されます。

"語句1語句2"

例として「平日ランチ」と「"平日ランチ"」をそれぞれキーワードに指定した場合を試してみました。「平日ランチ」の方は「平日」と「ランチ」が含まれていれば結果に表示されますが、「"平日ランチ"」の方は「平日ランチ」が含まれているものだけ結果に表示されます。

p7-2

p7-3

次は除外キーワードです。「-」の後にスペースなどを入れずに語句を指定すると、その語句が含まれない検索結果が表示されます。

語句1 -語句2

例として「花粉」と「花粉 -対策」をそれぞれキーワードに指定した場合を試してみました。「花粉 -対策」の方は「花粉」の結果の中で「対策」が含まれないものだけ結果に表示されます。

p7-4

p7-5

次はサイトの指定です。「site:」の後にスペースなどを入れずにドメイン名やURLを指定すると、そのサイト内で検索した結果だけが表示されます。

語句1 site:www.example.com

また除外キーワードと組み合わせ「-site:www.example.com」のように指定すると特定のサイトに含まれる検索結果を除外することができます。

語句1 -site:www.example.com

例として「映画」と「映画 site:twitter.com」をそれぞれキーワードに指定した場合を試してみました。「映画 site:twitter.com」の方はTwitterのサイトのURLが指定されていますので、Twitterの中で「映画」が含まれるものだけ結果に表示されます。

p7-6

p7-7

最後はOR検索です。複数の語句を「OR」でつながて指定することで、いずれかの語句が少なくとも1つ含まれる結果が表示されます。

語句1 OR 語句2

例として「Google Yahoo」と「Google OR YAHOO」をそれぞれキーワードに指定した場合を試してみました。「Google Yahoo」の方は「Google」と「Yahoo」が両方とも含まれるものが結果に表示され、「Google OR Yahoo」の方は「Google」または「Yahoo」のどちらかが含まれているものだけ結果に表示されます。

p7-8

p7-9

----

検索キーワードで指定可能な演算子について解説しました。紹介しなかった演算子もありますので色々と試してみて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )