Video Speed Controllerの使い方 ~YouTubeなどHTML5ビデオの動画再生速度を細かくコントロールする~

広告
eyecatch

Video Speed Controller は Chrome 拡張機能の一つで、 YouTube や Amazon プライムなどの HTML5 ビデオの動画再生速度を細かくコントロールすることができます。ここでは Video Speed Controller のインストール方法と実際の使い方について解説します。

Video Speed ControllerをChromeに追加する

拡張機能 Video Speed Controller の Chrome ウェブストアのページへアクセスしてください。

Video Speed Controller - Chrome ウェブストア

Video Speed ControllerをChromeに追加する(1)

拡張機能の説明等を見て頂き、問題なさそうであれば「CHROMEに追加」をクリックして下さい。

Video Speed ControllerをChromeに追加する(2)

確認画面が表示されますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

Video Speed ControllerをChromeに追加する(3)

拡張機能 Video Speed Controller が Chrome に追加されました。

Video Speed ControllerをChromeに追加する(4)

再生速度をコントロールする

それでは実際に再生速度を調整してみます。 YouTube の動画ページを開き、動画を再生してください。そのあとで動画にマウスを合わせて下さい。

再生速度をコントロールする(1)

動画の画面左上にコントローラーが表示がされます。表示されている「1.0」は再生速度を表しており現在 1.0 倍で再生されています。

再生速度をコントロールする(2)

コントローラーが表示されない場合はキーボードの [v] を押してみてください。

コントローラーにマウスを合わせると展開されて表示されます。

再生速度をコントロールする(3)

早送り再生とスロー再生

「+」をクリックすると再生速度が 0.1 早くなり、動画の早送り再生ができます。再生速度が 1.0 の状態から 3 回クリックすると再生速度は 1.3 になります。

再生速度をコントロールする(4)

「-」をクリックすると再生速度が 0.1 遅くなり、動画のスロー再生ができます。再生速度が 1.0 の状態から 2 回クリックすると再生速度は 0.8 になります。

再生速度をコントロールする(5)

再生位置の移動

「>>」をクリックすると 10 秒分再生位置が進みます。「<<」をクリックすると 10 秒分再生位置が戻ります。それでは「<<」を一回クリックしてみます。

再生速度をコントロールする(6)

再生位置が 10 秒分戻りました。

再生速度をコントロールする(7)

このようにコントローラーを使って動画の再生速度を早くしたり遅くしたりすることができ、またまた 10 秒単位で再生位置を前後に移動させることができます。

ショートカットキーを使う

再生速度をコントロールするためのショートカットキーも用意されています。

[z] 10 秒戻る
[x] 10 秒進む
[r] 再生速度をリセットして 1.0 に戻す
[s] 再生速度を 0.1 遅くする
[d] 再生速度を 0.1 早くする
[v] コントローラーの表示と非表示を切り替える

例えばキーボードで [d] を押すのはコントローラーで「+」をクリックするのと同じです。なお割り当てるキーは次で解説する設定画面で変更できます。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する

デフォルトでは再生速度は 0.1 単位で増減しますが、この量を変更することができます。 Chrome の画面右上に表示されている Video Speed Controller のアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「Settings」をクリックして下さい。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(1)

Video Speed Controller の設定画面が表示されます。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(2)

「Shortcuts」のブロックでは操作項目に対してショートカットキーの割り当てと変動させる量の設定を行います。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(3)

例えば 0.1 刻みで再生速度が速くなったり遅くなったりしていたものを 0.5 刻みにするには、「Decrease speed」と「Increase speed」の値をそれぞれ 0.5 に書き換えてください。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(4)

またショートカットのキーを変更するには、変更したいキーにフォーカスをセットしてから新しいキーを押してください。例えば「Reset Speed」のショートカットキーは現在 [r] が割り当てられていますが、 [q] に変えてみます。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(5)

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(6)

設定を変更した場合は「Save」をクリックしてください。変更した内容が反映されます。

アクション毎の再生速度の増減量を変更する(7)

Video Speed Controllerの利用できるサイト

2020 年 5 月の時点では、 YouTube は問題なく利用できます。

Amazon プライムで試してみたところ、表示されたコントローラーをクリックしてしまうと再生が止まってしまいますが、ショートカットキーを使用することで再生速度を速めたりスローにしたりすることはできました。また再生位置の移動も前後どちらにも問題なく進めることができました。

ディズニーデラックスで試してみたところ、表示されたコントローラーの位置が悪くてクリックできないのですが、ショートカットキーを使用することで再生速度を速めたりスローにしたりすることはできました。また再生位置の移動も前後どちらにも問題なく進めることができました。

Video Speed Controllerを削除する

拡張機能の Video Speed Controller が不要になった場合は Chrome から削除することができます。削除するには Chrome の画面右上に表示されている Video Speed Controller の アイコンを右クリックし、表示されたメニューの中から「Chromeから削除」をクリックして下さい。

Video Speed Controllerを削除する(1)

確認画面が表示されますので「削除」をクリックして下さい。

Video Speed Controllerを削除する(2)

Video Speed Controller が削除されました。

Video Speed Controllerを削除する(3)

-- --

Video Speed Controller のインストール方法と実際の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。