Googleアカウントにログイン時にChromeに同時にログインしない

広告
eyecatch

デフォルトの設定では Google アカウントにログインすると、 Chrome にも同時にログインします。ここでは Google アカウントにログインしたときに Chrome にはログインしないようにする設定方法について解説します。

Chromeへのログインを無効にする

まずデフォルトの状態で Chrome から Google アカウントへログインしてみます。

Chromeへのログインを無効にする(1)

Chromeへのログインを無効にする(2)

Google アカウントへログインすると、 Chrome へも同時に同じアカウントを使ってログインした状態となります。

Chromeへのログインを無効にする(3)

何らかの理由で Google アカウントへログインしたときに Chrome へはログインしないようにするには、画面右上に表示されている「?」アイコンをクリックしてください。

Chromeへのログインを無効にする(4)

表示されたメニューの中から「設定」をクリックしてください。

Chromeへのログインを無効にする(5)

「設定」画面が表示されます。

Chromeへのログインを無効にする(6)

「Googleの設定」のブロックにある「同期とGoogleサービス」をクリックしてください。

Chromeへのログインを無効にする(7)

「Chromeへのログインを許可する」の項目について、現在は有効となっているので一度クリックして無効にしてください。

Chromeへのログインを無効にする(8)

Chromeへのログインを無効にする(9)

この設定変更を有効にするには Google Chrome を一度再起動する必要があります。再起動を行ってください。

それではあらためて Google アカウントへログインしてください。

Chromeへのログインを無効にする(10)

Google アカウントへログインしても、今回は Chrome へはログインを行いませんでした。

Chromeへのログインを無効にする(11)

----

Google アカウントにログインしたときに Chrome にはログインしないようにする設定方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。