地図上に表示される道路や場所の名称で使わる言語を変更する

広告

Googleマップでは地図上に表示される道路や場所の名称などの言語を自動的に判断して設定してくれます。日本で利用している場合は日本語で表示されるように言語が自動的に設定されますが、明示的に他の国の言語を設定することもできます。ここではGoogleマップで使用する言語を変更する方法について解説します。

Googleマップで使用される言語について

Googleマップへアクセスした時に地図がどのような言語で表示されるかについては公式ヘルプにて次のように記載されています。

Google マップでは国のドメインが自動的に選択され、その国の現地語で場所の名前が表示されます。国のドメインや言語は Google マップで変更できます。

明示的に言語の設定をしていない場合は、利用者の国に合わせてドメインや地図で使用される言語が選択されるようです。日本で利用している場合は地図上の道路や場所に関するラベルが日本語で表示されることになります。

では設定を何もしていない状態で行くかの場所を見て見ます。最初は東京です。道路の名前や建物に関する情報などのラベルは日本語で表示されています。

p4-1

続いてニューヨークです。一部英語表記のみのものもありますが、東京と同じように道路や建物に関する情報などのラベルは日本語と英語でそれぞれ表示されています。

p4-2

続いてスペインです。こちらも同じように道路や建物の情報などのラベルは日本語とスペイン語で表示されています。

p4-3

このように日本から利用している場合、他の国であっても日本語と現地の言語の両方でラベルが表示されています。

なお中国などほとんど日本語のラベル表示がされない地域もあるようです。

p4-4

言語を設定する

Googleマップでは自動で設定される言語から任意の言語に変更することができます。言語を変更することで、Googleマップで使用されているメニューの言語を変更したり、地図上に表示される道路や建物に関する情報の言語を変更することが可能です。言語を変更するには、Googleマップの画面左上に表示されている≡アイコンをクリックして下さい。

p4-5

表示されたメニューの中から「言語」メニューをクリックして下さい。

p4-6

言語の選択画面が表示されます。現在は「日本語」が強調表示されています。

p4-7

利用したい言語をクリックして下さい。今回は「English(United States)」をクリックしました。

p4-8

Googleマップで使用する言語が「English(United States)」に変更となり、表示されている地図の表示も英語になりました。

p4-9

それでは先ほどと同じ東京の場所をGoogleマップで表示してみます。日本の場所であっても道路や建物に関する情報は英語表記となり日本語の表示が合わせて表示されています。

p4-10

続いてニューヨークです。現地の言語を現在設定していますので、道路などに関する情報は英語表記のみとなります。

p4-11

続いてスペインです。道路などの情報は英語とスペイン語で表示されます。

p4-12

最後に日本語の場合はほとんど表示されなかった中国です。言語を英語に設定した場合は、英語と現地の言語で表示されました。

p4-13

このようにGoogleマップで使用する言語を変更することで、地図上に表示される道路や建物に関する情報を指定した言語で表示することができます。

-- --

なお言語を変更すると、Googleマップのメニューなども合わせて言語が変更になります。

p4-14

p4-15

今回は言語を英語に変更しているため、表示されるメニューなども英語で表示されます。日本でGoogleマップを利用しているけれど、他の言語で使いたい場合などには今回ご紹介した手順で言語を変更して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)