インドアマップを使って空港やショッピングモールの複数の階のフロアー情報を表示する

広告

Googleマップではショッピングモールや空港など一部の施設についてはインドアマップが用意されておりフロアー毎の構内図をGoogleマップで表示させることができます。ここではインドアマップの利用方法について解説します。

インドアマップの使い方

インドアマップの使い方を実際の例で確認してみます。例として「六本木ヒルズ」を見てみます。

p3-1

六本木ヒルズの敷地内を一度クリックして下さい。インドアマップに対応している施設の場合は次のように右下に「階」を選択するためのボタンが表示され、施設内の別の階のフロアーの様子を表示することができます。

p3-2

現在は2階のフロアーが表示されています。例として「3」「4」「52」階をクリックした場合にどのように表示されるのかを見てみます。

p3-3

p3-4

p3-5

このようにインドアマップに対応している場合には色々なフロアーの情報をGoogleマップ上で確認することができます。

インドアマップは多くのショッピングモールなどの他にJRの駅や空港などでも対応しているところがあります。

p3-6

p3-7

p3-8

Googleマップでインドアマップを利用して構内図を表示する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)