サイトの公開とサイトURLの設定

広告

Googleサイトでサイトを作成した場合、最初は非公開となっています。他のユーザーがサイトを見れるようにするにはサイトを「公開」する必要があります。ここではサイトを公開する方法、公開するサイトのURLを設定したり変更する方法、そして一度公開したサイトを非公開に戻す方法について解説します。

サイトの公開までの手順

最初にGoogleサイトにログインして下さい。Googleサイトのホーム画面が表示されます。

p1-1

作成済のサイトが表示されます。公開したいサイトをクリックして下さい。

p1-2

対象のサイトの編集画面が表示されます。

p1-3

まだ公開されていないサイトの場合、画面右上に「公開」というリンクだけが表示されています。サイトを公開する場合は「公開」をクリックして下さい。

p1-4

次のような画面が表示されます。

p1-5

最初に公開するサイトのURLを決定します。URLは「https://sites.google.com/view/(指定したテキスト)」のような形式となります。一番上のテキストボックスにURLの最後の部分となるテキストを入力して下さい。テキストで使用できるのは「(アルファベットの)小文字、数字、ダッシュ」の3種類で、少なくとも3文字以上入力する必要があります。

p1-6

既に使用されているテキストを入力した場合は「この名前は既に使用されています。」というエラー表示がされます。別のテキストを入力して下さい。

p1-7

次に「サイトを閲覧できるユーザー」として「全員」か制限するのかを設定します。今回は「全員」が閲覧できる設定のままにしておきます。次が公開したサイトが検索エンジンにインデックスされないようにするかどうかです。インデックスされるのを希望しない場合はチェックボックスをチェックして下さい。今回はチェックをしません。

p1-8

サイトのURLと公開範囲、インデックスを希望するかどうかの設定が終わりましたら「公開」をクリックして下さい。

p1-9

サイトの公開が完了しました。

p1-10

サイトを表示する

では実際に公開されたサイトへアクセスしてサイトを表示してみます。最初に他のユーザーがサイトを表示した場合です。

p1-11

次に公開したサイトを作成したアカウントでGoogleサイトにログインした状態でサイトを表示した場合です。

p1-12

大きな違いはありませんが、Googleサイトにログインした状態でサイトを表示した場合には、画面右下にサイトを編集するためのリンクが表示されておりすぐに編集画面に移行することができます。

p1-13

URLを変更する

サイトを初めて公開する時にサイトのURLを設定しますが、一度設定したURLはあとから変更することができます。URLを変更するには、変更したいサイトの編集画面を表示して下さい。

p1-14

画面右上に表示されている「公開」の右にあるドロップダウンメニューをクリックし、表示されたメニューの中から「公開設定」をクリックして下さい。

p1-15

初めて公開した時と似た画面が表示されます。

p1-16

一番上のテキストボックスに新しいURLの最後の部分となるテキストを入力して下さい。入力が終わりましたら右下に表示されている「保存」をクリックして下さい。

p1-17

サイトのURLが変更されました。

p1-18

変更前のURLから新しいURLへリダイレクトのような設定は行われませんので、以前のURLへアクセスすると単に見つからないと表示されます。

p1-19

サイトの公開を停止する

一度公開したサイトはあとから公開を停止することができます。サイトの公開を停止するには、変更したいサイトの編集画面を表示して下さい。

p1-20

画面右上に表示されている「公開」の右にあるドロップダウンメニューをクリックし、表示されたメニューの中から「公開を停止」をクリックして下さい。

p1-21

サイトの公開が停止しました。

p1-22

サイトの公開が停止すると、公開した時のURLにアクセスしても見つからないと表示されます。

p1-23

-- --

作成したサイトを公開する手順について解説しました。

Googleサイトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)