Googleサイトを編集および閲覧するのに必要となるブラウザ

広告

Googleサイトを使った作成したサイトを閲覧するのはほとんどのブラウザで行えますが、自分のGoogleサイトの編集を行うときには使用できるブラウザに制限があります。ここではGoogleサイトの編集および閲覧に必要となるブラウザについて解説します。

Googleサイトの閲覧および編集をする場合に必要となるブラウザの条件

Googleサイトの閲覧および編集に必要となるブラウザについては下記の公式ヘルプページにて解説されています。

p2-1

将来的に変更される可能性がありますが、2018年7月現在ではGoogleサイトで作成したサイトを閲覧できるブラウザは下記のようになっており、ほとんどのブラウザで閲覧することができます。

Chrome
Firefox
Internet Explorer
マイクロソフト Edge
Safari

ただ「ブラウザの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンで表示できます。」と表示されているように、上記のブラウザであってもあまり古いバージョンの場合は閲覧できない可能性があります。

それに対してGoogleサイトを編集する場合には次のブラウザが必要となっています。

Chrome のバージョン 24 以降
Firefox の最新バージョン

現時点でGoogleサイトを編集する場合にはChromeまたはFirefoxが必要となります。また「Cookies と JavaScript がオンになっている」必要があります。

条件に合わないブラウザでGoogleサイトを編集しようとした場合

これまでChromeを使ってGoogleサイトの作成を試してきましたが、まずFirefoxでGoogleサイトにログインしてみます。するとChromeの場合と同じようにGoogleサイトのホーム画面が表示され、サイトの編集なども行うことができました。

p2-2

p2-3

続いて対象外となっているInternet Explorerで同じようにGoogleサイトにログインしてみます。すると「Google サイトは次のデスクトップ版ブラウザの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンに対応しています。」と表示されてGoogleサイトのホーム画面は表示されませんでした。

p2-4

同じように対象外となっているマイクロソフト Edgeを使用した場合でもGoogleサイトのホーム画面は表示されませんでした。

p2-5

Safariでは試すことができませんでしたが同じようにGoogleサイトのホーム画面が表示されないと思われます。このようにGoogleサイトでサイトを新しく作成したり編集する場合には、指定されたブラウザ以外では行えないのでご注意下さい。

Googleサイトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)