公開サイトの閲覧を特定のユーザーに限定する

作成したサイトを公開するとき、誰でも閲覧できる状態で公開する以外にあらかじめ登録したユーザーだけに公開するように設定することができます。自分だけに閲覧を許可して非公開の状態したり、閲覧を許可したユーザーを登録して閲覧を制限することができます。またサイトを公開したあとで設定を変更することもできます。ここでは Google サイトで作成した公開サイトの閲覧を特定のユーザーに限定する方法について解説します。

(2022 年 04 月 19 日公開 / 2022 年 04 月 19 日更新)

初めて公開するときに設定する

最初に Google サイトで作成したサイトを初めて公開するときに、閲覧できるユーザーを限定する方法です。新しいサイトを作成したあとで、ドキュメント名を設定したあとで、画面右上の「公開」をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(1)

ダイアログが表示されたら「ウェブアドレス」を入力したあとで、「サイトを閲覧できるユーザー」の箇所をみてください。デフォルトでは「全員」となっていますので閲覧できるユーザーを限定する場合は「管理」をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(2)

次のような画面が表示されたら、下部にある「リンク」の部分をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(3)

次の画面で「公開済みサイト」の右にある「公開」の部分をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(4)

デフォルトでは「公開」となっており公開したサイトは誰でも閲覧可能です。特定のユーザーだけに公開する場合は「制限付き」をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(5)

公開されたサイトを閲覧できるのは閲覧を許可されたユーザーだけに変更されました。

初めて公開するときに設定する(6)

続いて許可するユーザーを登録します。この作業はサイトを公開したあとでも行うことができます。「ユーザーやグループとの共有」の部分をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(7)

現在はサイトのオーナーである自分だけが登録されている状態です。誰もユーザーを追加しなければ自分だけがサイトを閲覧できることになります。

初めて公開するときに設定する(8)

閲覧できるユーザーを追加する場合は「ユーザーやグループを追加」と表示されているテキストボックスにメールアドレスを入力したあと Enter キーを押してください。

初めて公開するときに設定する(9)

次のような画面が表示されます。同じ権限を設定する複数のユーザーを追加する場合は、表示されているメールアドレスのあとにメールアドレスを追加で入力してください。

初めて公開するときに設定する(11)

追加したユーザーはデフォルトで「編集者」となっているので、メールアドレスの右側に表示されている「編集者」の箇所をクリックし、表示されたメニューから「公開済みアイテムの閲覧者」をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(10)

最後に「共有」をクリックしてください。ユーザーが追加されます。

初めて公開するときに設定する(12)

「公開」をクリックしたときに表示された画面に戻ります。「サイトを閲覧できるユーザー」が「特定のユーザー」になっているのが確認できます。それでは確認のために再度「管理」をクリックしてください。

初めて公開するときに設定する(13)

先ほどサイトの閲覧の権限を設定して追加したユーザーが表示されていることが確認できます。

初めて公開するときに設定する(14)

このユーザーの権限を変更したり削除したい場合は、現在「公開済みアイテムの閲覧者」と表示されている箇所をクリックすると、権限を変更したり削除したりすることができます。確認が完了したら「完了」をクリックして元の画面に戻ってください。

初めて公開するときに設定する(15)

サイトの公開に関する設定が完了したら「公開」をクリックしてサイトを公開してください。

初めて公開するときに設定する(16)

閲覧できるユーザーを限定した状態でサイトの公開が完了しました。

初めて公開するときに設定する(17)

閲覧が制限されているサイトへアクセスした場合

それでは閲覧が制限されているサイトの URL へブラウザからアクセスしてみます。すると次のように Google アカウントのログイン画面が表示されます。

閲覧が制限されているサイトへアクセスした場合(1)

閲覧が許可されているユーザーの Google アカウントでログインすると、サイトが表示されて閲覧することができました。

閲覧が制限されているサイトへアクセスした場合(2)

閲覧が許可されていない Google アカウントでログインすると、 404 Error が表示されてサイトを閲覧することができません。

閲覧が制限されているサイトへアクセスした場合(3)

このように閲覧に制限が設定されている場合は、事前に閲覧の許可の権限でサイトに登録されたユーザーだけがサイトを閲覧することができます。

公開済みのサイトの設定を変更する

サイトを公開したあとで、誰でも閲覧できる状態から制限を加えたり、制限を加えた状態から誰でも閲覧できるように変更することができます。またユーザーを追加したり削除したりすることもできます。

設定を変更するには、対象のサイトの編集画面を表示してください。

公開済みのサイトの設定を変更する(1)

画面右上に表示されている「他のユーザーと共有」アイコンをクリックしてください。

公開済みのサイトの設定を変更する(2)

サイトを公開したときと同じ設定画面が表示されます。

公開済みのサイトの設定を変更する(3)

例として現在サイトの閲覧に制限がかかっていますが、誰でも閲覧できるように変更してみます。「リンク」の箇所をクリックし、「公開済みサイト」の右に表示されている「制限付き」の箇所をクリックしてください。

公開済みのサイトの設定を変更する(4)

表示されたメニューの中から「公開」をクリックしてください。

公開済みのサイトの設定を変更する(5)

「公開済みサイト」が「公開」に変更されました。設定が終わりましたら「完了」をクリックしてください。これで変更は完了です。

公開済みのサイトの設定を変更する(6)

それではブラウザからサイトの URL へアクセスしてみます。今度は Google アカウントのログイン画面は表示されず、すぐにサイトが表示されました。

公開済みのサイトの設定を変更する(7)

-- --

Google サイトで作成した公開サイトの閲覧を特定のユーザーに限定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。