Googleトレンドのデータの共有、埋め込み、CSV形式でのダウンロード

広告
eyecatch

Google トレンドでキーワードや条件を指定して表示されたデータは共有したり、 Web サイトやブログの記事に埋め込んだり、 CSV 形式でダウンロードすることができます。ここでは Google トレンドのデータの共有、埋め込み、 CSV 形式でのダウンロードを行う方法について解説します。

データを共有する

次のような Google アラートのデータを使って試してみます。最初はデータの共有です。

データを共有する(1)

現在表示している Google トレンドのデータを SNS などに共有したい場合には画面上に表示されている次のアイコンをクリックしてください。

データを共有する(1)

共有先として「Facebook」「Twitter」「LinkedIn」「Tumblr」を選択する画面が表示されます。今回は「Twitter」をクリックします。

データを共有する(2)

Twitter でツイートするためのウィンドウが表示されます( Twitter にログインしている場合)。

データを共有する(3)

なお共有を行うためのアイコンはあちこちにあるのですが、共有の文面は異なってもリンクをクリックして表示される画面はいずれも同じでした。

データの埋め込み

現在表示している Google トレンドのデータを Web サイトやブログの記事に埋め込みたい場合には画面上に表示されている次のアイコンをクリックしてください。

データの埋め込み(1)

Web ページやブログに埋め込むためのコードが表示されます。このコードをコピーして埋め込んでください。

データの埋め込み(2)

なおモバイルの環境でのプレビューを確認したり、埋め込んだデータが自動的に新しいデータに更新されて表示されるかどうかの選択が行えます。

データの埋め込み(3)

実際に埋め込んでみたら次のように表示されます。下記は自動で更新しないようにしたデータです。

CSV形式でのダウンロード

現在表示している Google トレンドのデータを CSV 形式のデータとしてダウンロードするには画面上に表示されている次のアイコンをクリックしてください。

CSV形式でのダウンロード(1)

クリックするとすぐにダウンロードが開始されます。今回は multiTimeline.csv という名前でダウンロードが行われました。ダウンロード後に Google スプレッドシートで表示してみると次のようなデータでした。

CSV形式でのダウンロード(2)

このように画面に表示されているグラフのデータを CSV 形式でダウンロードして取得することができます。

----

Google トレンドのデータの共有、埋め込み、 CSV 形式でのダウンロードを行う方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。