記事の削除とゴミ箱の使い方

広告

一度公開した記事であったも、後から削除することができます。ここでは公開済の記事を削除する手順について解説します。

公開済の記事を編集するには「記事の管理」画面から行います。最初にはてなブログにログインして下さい。(はてなブログへのログイン方法は「はてなブログへログインする」を参照して下さい)。

p4-1

画面右上の「はてなID」をクリックし、表示されたメニューの中にある「記事の管理」メニューをクリックして下さい。

p4-2

「記事の管理」画面が表示されました。

p4-3

※ 記事の管理画面を表示する方法は他にもあります。詳しくは「記事の管理画面を表示する」を参照されて下さい。

-- --

記事の管理画面では今までに公開した記事の一覧が表示されています。削除したい記事の先頭に表示されているチェックボックスにチェックして下さい。複数でも可能です。

p4-4

チェックが終わりましたら右上に表示されている「チェックした記事を削除」をクリックして下さい。

p4-5

確認ダイアログが表示されます。削除してよろしければ「OK」をクリックして下さい。

p4-6

記事が削除されました。

p4-7

削除された記事はゴミ箱に移動します。ゴミ箱の使い方についてはこのページの後半で解説します。

記事を編集している時に、編集画面からその記事を削除することができます。(記事の編集方法については「公開済みの記事を編集する」を参照して下さい)。本文を入力するテキストエリアの右下に「削除する」と書かれたボタンがあります。

p4-8

編集画面から編集している記事を削除するには「削除する」をクリックして下さい。

p4-9

確認ダイアログが表示されます。削除してよろしければ「OK」をクリックして下さい。

p4-10

記事が削除されて記事の管理画面が表示されます。

p4-11

この方法で削除した記事もゴミ箱に移動します。

記事を削除するとすぐに完全に削除されるのではなくいったんゴミ箱に入ります。ゴミ箱に入った記事は削除した日から30日経過すると完全に削除されますが、完全に削除される前であれば復元することができます。30日経過する前に手動で完全に削除することはできません。

それでは最初にゴミ箱を表示する方法です。記事の管理画面を表示して下さい。

p4-12

画面最下部の右側に「ゴミ箱」というリンクが表示されていますのでクリックして下さい。

p4-13

「ゴミ箱」が表示されます。

p4-14

ゴミ箱には削除された記事の一覧が表示されています。(削除してから30日が経過して完全に削除された記事は除く)。

それではゴミ箱から記事を復元してみます。ゴミ箱に表示されている記事一覧の中で、復元したい記事の右側に表示されている「復元する」をクリックして下さい。

p4-15

記事の作成画面が表示されます。内容を確認して、問題がなければ「公開する」をクリックして下さい。

p4-16

記事が復元されて公開されました。新しい記事として公開されるのではなく、以前と同じ公開日時で記事が公開されます。

p4-17

なお復元した後で改めてゴミ箱を表示してみると復元したあとも記事がゴミ箱の中に残っていました。

p4-18

これが仕様なのか不具合なのかは分かりません。いずれにしても30日後には完全に削除されますのでそのままゴミ箱の中に残しておいて問題はありません。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)