LastPassのブラウザ拡張機能のインストールとアカウントの登録

広告

LastPassの機能は普段使用しているブラウザの拡張機能として提供されています。ここではChromeで利用する場合を例にLastPassの拡張機能をインストールする手順、そしてLastPassを利用するためのアカウントを登録する方法について解説します。

1.LastPassの拡張機能をインストール
2.LastPassのアカウントを登録する
3.言語とタイムゾーンを設定する

LastPassの公式サイトへアクセスして下さい。

p1-1

画面右上に表示されている「LastPass Freeを入手」と書かれた個所をクリックして下さい。

p1-2

現在Chromeからアクセスしているため、Chrome用の拡張機能のインストールの画面が表示されます。

p1-3

画面に拡張機能に関する説明が表示されています。この中の「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

p1-4

LastPassの拡張機能がインストールされました。

p1-5

続いてアカウントの登録を行います。拡張機能のインストールが完了すると次のような画面が表示されます。

p1-6

ユーザーを識別するのに使用するメールアドレスをテキストボックスに入力して下さい。また画面上のリンク先にあるLastPassの利用規約とプライバシーポリシーを読んで頂き、同意できる場合には「I agree to the LastPass Terms and Privacy Policy」にチェックをして下さい。最後に「アカウントを作成」をクリックして下さい。

p1-7

次の画面ではマスターパスワードを設定します。

p1-8

LastPassを利用する時の認証用パスワードとなり、このパスワードだけはご自身で覚えておく大切なパスワードです。1番目のテキストボックスに設定したいパスワードを入力して下さい。確認のため2番目のテキストボックスにも同じパスワードを入力します。

3番目のテキストボックスはマスターパスワードを忘れてしまった場合に自分自身で思い出すためのヒントを記載しておきます。オプションなので設定しなくても構いません。

入力が終わりましたら「保管庫を解錠する」をクリックして下さい。これで登録は完了です。

p1-9

LastPassの管理画面の解説が表示されます。画面上に表示された右矢印を順にクリックして行って下さい。

p1-10

最後の画面が次のように表示されます。画面上の「Open My Vault」をクリックして下さい。

p1-11

LastPassの保管庫が表示されます。詳しくは別のページで解説しますが、これから保管していくサイトやパスワード(パスワードそのものは見れません)などに関する情報がここに表示されます。

p1-12

普段使用しているブラウザへのLastPassの拡張機能のインストールとLastPassのアカウント作成はこれで完了です。

基本設定として使用する言語とタイムゾーンの設定を行います。アカウント作成直後はLastPassにログインした状態ですが、もしログインしていない場合は「LastPassへのログインとログアウト」を参考にログインを行って下さい。

Chromeの画面右上に表示されているLastPassのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「保管庫」をクリックして下さい。

p1-13

保管庫が表示されます。

p1-14

画面左下の「アカウント設定」をクリックして下さい。

p1-15

アカウント設定画面が表示されます。

p1-16

下へスクロールしてもらうと「言語」と「タイムゾーン」を設定する個所があります。

p1-17

言語はデフォルトで「日本語」となっているのでそのままで大丈夫です。もし他の言語が設定されていた場合は「日本語」を選択して下さい。タイムゾーンは日本で利用する場合であれば「+9:00」のものを選択して下さい。

p1-18

設定を変更した場合には「更新」をクリックして下さい。

p1-19

マスターパスワードを入力し、「確認」をクリックして下さい。

p1-20

設定内容の変更が完了しました。

LastPasの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )