同じサイトで複数のログイン情報を保管する

広告

LastPass ではサイト毎にユーザー名とパスワードのログイン情報を保管しますが、同じサイトで複数のアカウントが作成されている場合などに複数のログイン情報を保管することができます。ここでは同じサイトで複数のログイン情報を保管する方法、そして複数のログイン情報から選択して自動入力する方法について解説します。

同じサイトに対する別のユーザー名とパスワードを保管する

LastPass では一つのサイトへのログインに使用するアカウントを複数持っている場合でも別々にログイン情報を保管することができます。例として既に一つのアカウントに関するログイン情報を保管している Twitter の場合で試してみます。

2 つ目以降のアカウントのログイン情報を保管する場合も、最初のアカウントの場合と同じ手順となります。まずは Twitter のログイン画面を表示してください。既にログイン情報を一つ保管してあるので、ユーザー名とパスワードが自動で入力されています。

同じサイトへの複数のログイン情報を保管する(1)

既に入力されているユーザー名とパスワードを消して、別のユーザー名とパスワードを入力してください。その後で「ログイン」をクリックしてください。

同じサイトへの複数のログイン情報を保管する(2)

保管されているアカウントとは別のアカウントで Twitter にログインが完了しました。右上に次のような画面が表示されます。今回ログインしたアカウントのユーザー名とパスワードを LastPass に保管する場合は「Add」をクリックしてください。(保管しない場合は「Not now」をクリックしてください)。

同じサイトへの複数のログイン情報を保管する(3)

これで Twitter へのログインする時に使用する二つ目のユーザー名とパスワードが保管されました。

LastPass の保管庫を確認してみると、 Twitter に関するログイン情報が二つ保管されていることが確認できます。(保管庫の表示方法は「保管されたログイン情報を閲覧する」を参照してください)。

同じサイトへの複数のログイン情報を保管する(4)

複数のログイン情報が保管されている場合に、ログインに使用する情報を選択する

それでは同じサイトで複数のアカウントのログイン情報が保管されている場合に、 LastPass を使ってログインを行う方法について確認します。改めて Twitter のログイン画面を表示してください。

ログインに使用する情報を選択する(1)

ユーザー名とパスワードには保管されているログイン情報の中の一つが自動で入力されています。このサイトでは現在 2 のアカウントに関するログイン情報を保管しているので表示されている LastPas のアイコンには 2 が表示されています。

ログインに使用する情報を選択する(2)

自動で入力されたアカウントでログインする場合はそのまま「ログイン」をクリックしてください。別のアカウントでログインする場合は、表示されている LastPass のアイコンをクリックしてください。現在保管されているログイン情報の一覧が表示されます。

ログインに使用する情報を選択する(3)

今回ログインに使用したいアカウントにマウスを合わせクリックしてください。

ログインに使用する情報を選択する(4)

クリックしたアカウントのユーザー名とパスワードが入力されます。その後で「ログイン」をクリックしてください。

ログインに使用する情報を選択する(5)

Twitter へのログインが完了しました。このように同じサイトへの複数のログイン情報を保管している場合にも、ログイン時に使用するアカウントを選択することで LastPass を使ったログインが可能となります。

-- --

同じサイトで複数のログイン情報を保管する方法、そして複数のログイン情報から選択して自動入力する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。