同じサイトで複数のログイン情報を保管する

広告

LastPassではサイト毎にユーザー名とパスワードのログイン情報を保管しますが、同じサイトで複数のアカウントが作成されている場合などに複数のログイン情報を保管することができます。ここでは同じサイトで複数のログイン情報を保管する方法、そして複数のログイン情報から選択して自動入力する方法について解説します。

1.同じサイトに対する別のユーザー名とパスワードを保管する
2.保管されている複数のユーザー名とパスワードから選択して自動入力する

現在LasPassの保管庫にはTwitterとAmebaへログインする時のユーザー名とパスワードがそれぞれ1組ずつ保管されています。

p2-1

その為、例えばTwitterのログイン画面を表示すると、Twitter用のメールアドレスとパスワードが自動的に入力されます。

p2-2

ユーザー名とパスワードを入力するテキストボックスの右側に表示されているLastPassのアイコンを見て頂くと数字の「1」と表示されています。これはこのサイトでユーザー名とパスワードが1組LastPassに保管されていることを表しています。

p2-3

-- --

それでは同じサイトで別のユーザー名とパスワードを保管してみます。自動で入力された値を消して新しいユーザー名とパスワードを手動で入力して下さい。

p2-4

ユーザー名またはパスワードのテキストボックスの右側にあるLastPassのアイコンをクリックして下さい。

p2-5

次のような表示がされますので、「+」の部分をクリックして下さい。

p2-6

保管する内容が表示されます。必要であれば修正を行った上で「サイトを保存」をクリックして下さい。

p2-7

新しいパスワードが保管されました。

-- --

それではLastPassの保管庫を表示して、パスワードがどのように保管されているのかを確認してみます。Chromeの画面右上に表示されているLastPassのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「保管庫」をクリックして下さい。

p2-8

同じサイトに対するユーザー名とパスワードが2組保管されていることが確認できます。

p2-9

LastPassにユーザー名とパスワードが保管されているサイトのログイン画面を表示すると自動でユーザー名とパスワードが入力されますが、同じサイトに複数のユーザー名とパスワードが保管されている場合には選択して入力することができます。

それでは実際に試してみます。Twitterのログイン画面を表示して下さい。すると複数保管されている中から一つのユーザー名とパスワードが自動的に入力されます(どれが選ばれるのかは分かりませんでした)。

p2-10

またユーザー名とパスワードを入力するテキストボックスの右側に表示されているLastPassのアイコンを見て頂くと数字の「2」と表示されており2つのユーザー名とパスワードが保管されていることが分かります。

p2-11

それではユーザー名またはパスワードの右側に表示されているLastPassのアイコンをクリックして下さい。

p2-12

次のように表示されますので、左から二番目のアイコンをクリックして下さい(デフォルトでこの画面が表示されていると思います)。するとLastPassに保管されているこのサイトで使用するユーザー名とパスワードの一覧が表示されますので、今回ログインに使用するものをクリックして下さい。

p2-13

先ほどクリックしたユーザー名とパスワードが自動的に入力されます。

p2-14

このように同じサイトで複数のユーザー名とパスワードが保管されている場合でも、簡単に利用したいアカウントとパスワードを選択して自動的に入力することができます。

LastPasの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )